2021年1月29日から2月5日まで、設備を更新する工事のため終日運休となっている八幡山ロープウェー。
運行が再開する2月6日から、八幡山にある村雲御所の雲の間にてひな人形&和傘のイルミネーションが催され始めます。
1月30日からスタートした『びわ湖のひな人形めぐり』に関するイベントであり、優しく光る和傘に照らされるひな人形というのは、穏やかにして典雅なムードを醸し出すことかと思います。
近江八幡節句人形めぐり(2021)の観光パンフレットについている割引券を利用すると、ロープウェーの運賃は大人890円が630円に、小人450円が320円になります。
そして拝観料も50円引きされますので、是非ご活用くださいませ。
旧伴家住宅では2月6日から高さ50センチを超すインパクトのあるお雛様が、そして近江八幡市立資料館では2月13日から享保雛や古今雛が展示されます。
パンフレット片手にあちこちめぐり、今日まで守られてきた古いお雛様に親しみ、300年以上前の江戸時代の空気を感じてみてはいかがでしょうか。

瑞龍寺(村雲御所)は、こちら↓
滋賀県近江八幡市宮内町19−9