新型コロナウイルス感染症の影響により大きく変わった働き方。
テレワークも徐々に普及しはじめており、働き方への価値観が変わってきています。
このたび秦野市では神奈川県かながわ労働センター湘南支所と共催し、2021年3月4日(木)に「ウィズコロナ時代における新しい働き方への対応〜柔軟な働き方の導入と労働時間管理のポイント〜」講座を開催するそうです。
会場となるのは秦野市役所教育庁舎3階大会議室。
講座の開催時間は午後6時30分から8時30分までとなっていますので、現在働いている方も参加できそうな時間帯ですね。
講師は弁護士を務めている方なので、より多くの知識が吸収できそうです。
この講座ではテレワーク、時差出勤、フレックスタイム制などの柔軟な働き方の導入と労働時間管理の留意点を学ぶことができるそうです。
対象は働く人だけでなく人事労務担当者など、どなたでも参加可能。事前申込制で先着40名、無料で受講できるそうです。
電話やファクシミリ、ホームページからの電子申請での申込みも可能だそうです。
電子申請の申込締切は、3月3日(水)17時となり、締切前でも定員になり次第、受付は終了するそうです。
詳細はチラシに記載されていますのでチェックしてみてください。

講座の開催される秦野市役所教育庁舎はこちら↓
神奈川県秦野市桜町1丁目4−6