昨今、断捨離が注目され「物を手放すこと」に注目が行きがちですが、「手放した物の行く先」にも注目してみませんか?
トレッサ横浜では「衣料品回収プロジェクト」と称して、不要な衣料品の回収を行っています。
方法は至って簡単で、自宅で不要になった衣料品をトレッサ横浜特設会場に設置されたBOXに入れるだけです。
衣料品回収BOXのある場所は、トレッサ横浜南棟2階の「coen」というショップの前です。
回収できるものは衣料品のみで、服飾雑貨、古布、その他衣料品ではないもの(マフラー、帽子、スカーフ)は回収できません。
また、BOXに入れる際は、汚れ、破損防止のために、ビニール袋にまとめて入れる必要があります。
このプロジェクトは、衣料品の回収・再利用を目的とした取り組みで、トレッサ横浜にナカノ株式会社という繊維のリサイクルに長年取り組んでいる会社が協力する形で進行しているそうです。
回収した衣料品は、工場にてその素材や品質によって選別され、古着として世界中で流通したり、繊維を再利用した「ウエス」「手袋」「建築材料」などに加工されます。
トレッサ横浜では、それらの再利用品のうち、「手袋」を購入し、館内や地域の清掃作業に使用するそうです。
このプロジェクトは、トレッサ横浜のSDGs支援の一環として行われているので、不要な衣料品を回収BOXに入れるだけで、私たちも気軽にSDGs支援に参加出来ますね!
この機会に一度、クローゼットの整理をしてみるのもおすすめですよ!