*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

中華と洋食の看板で大正時代から続いている店

東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅または東京メトロ銀座線の浅草駅から20分ほど歩いた場所に店を構える『中華・洋食やよい』。

大正13年にカフェー形式の西洋料理屋として開業した老舗で、テレビ東京の「孤独のグルメ season8」に登場したこともあるお店です!

こじんまりとした店内はカウンター6席と4人がけのテーブルが3卓の町中華の雰囲気。

メニューは先代から引き継がれているメニューをマイナーチェンジしながら現代にあった味わいに変えており、中華、洋食、創作料理と多彩なメニューが揃います。

看板メニューの「上カツ丼」は創業当時から提供している逸品!

特筆すべき点は、食欲をそそるラードの香り漂う肉厚のカツと鶏ガラの旨味が詰まった中華スープをベースにした丼つゆです。

カツはロース肉を注文が入り次第筋切りし、ドライパン粉をつけオランダ産高級ラードのカメリアラードとサラダ油を混ぜた油で揚げています。サクサクとした食感が心地よく、豚肉と衣とがしっかり一体となっております。

白身と黄身は完璧なグラデーション!

黄身は硬くなりすぎないミディアムレアで、しっかり出汁の旨みが染みています。

奥行きのある丼つゆの出汁は豚骨、鶏ガラ、鰹、昆布を絶妙に組み合わせた、まさに中華と洋食の二刀流だからなせる業です。

西洋料理の技が活かされたお手本のようなカツ丼。こだわりの味をぜひ一度ご賞味あれ!

公認ライターおすすめ!東京都の美味しいごはん旅をご紹介

孤独のグルメに登場した亀戸の「純レバ丼」や、東京・四谷三丁目の「かけかつ丼」など

東京都で味わいたいグルメ情報を紹介しています!

https://gohantabi.jp/syutoken/tokyo

中華・洋食 やよい

〒111-0032 東京都台東区浅草5丁目60−1

*この記事は2021年7月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

*この記事で使用している画像は、執筆者が撮影したものです。

ライター:ニッポンごはん旅・編集長