北海道の旨いモノ大集合!道産素材の名物料理が揃うミュージアム

 札幌市営地下鉄すすきの駅から歩いて3分、大通駅からでも徒歩5分ほど。
 2022年8月30日、札幌の老舗商店街・狸小路2丁目にオープンした『狸COMICHI』は、20店舗が軒を連ねる道産食材と名物料理の宝庫です。
 屋台村+鮮魚生鮮市場のスタイルで、海鮮・寿司・ラーメン・ジンギスカンにスープカレー、地酒もクラフトビールも!と、北海道の旨いモノ全部ココで食べられちゃう札幌新名所。
 『観光の方むけかな〜?』と思いつつ、早速全20店舗で食べて飲んできましたが……いやいや、地元民バチコイ!でしょココ。
 ってコトで、老若男女道内道外問わず全員行くべきな『狸COMICHI』全20店ガイドをご覧ください!

▼狸COMICHI 全20軒▼

1.CRAFT PUB BRIAN BREW

2.寿し処 おたる亭 弥助

3.大衆イタリア酒場 狸の休日

4.ハンバーガーレストランルートナイン

5.天使のわたゆき

6.元祖タルタル酒場バレルバレル

7.彩ノ匠 irodori

8.シハチ鮮魚店 狸COMICHI店

9.とどしま青果店

10.十字屋珈琲店

11.炉ばた 燻製 炉(あぺおい)

12.おにくとトリュフ

13.中華厨房真生果(まきか)

14.餃子小籠包 富士山

15.蝦夷前そばと豚丼北堂

16.元祖滝川 花尻ジンギスカン

17.焼鳥 富士山

18.麺荘 しらかば

19.ランチョ・エルパソ

20.北海道肉巻き 捌格

1.CRAFT PUB BRIAN BREW

「飲み比べ5種セット(各150ml/1,850円・税込)」
「フィッシュアンドチップス(M/830円・税込)」
 ニセコ・札幌・江別のブリュワリー製クラフトビールの飲み比べが楽しめるビアバーです。コノ日はニセコ1種と札幌4種を注文。

≪ニセコ≫リエクスペディション
≪札幌≫平岸ラガー
≪札幌≫レモンエール
≪札幌≫スリーグリッド
≪札幌≫フィールフリー

 ……五者五様、全然違う!特にレモンエールとフィールフリーは出色、なんまらフルーティーなのにキチンとビアテイスト。フィールフリーは何ならグレープフルーツジュースじゃないの?ってくらいの果実感なんです。
 各150mlのサイズも2〜3口で飲み干すのに丁度よく、無理なく5杯を楽しめました。コースター代わりにどのグラスがどのビールかわかる手書きの台紙においてくれたり、ブリュワリーごとにグラスを統一させたり、飲み比べしやすい演出もウレシイ!
 フィッシュアンドチップスのフィッシュは北海道産鱈、ポテトはきたあかり・シャドークイーン・インカのめざめを使用。注文後に揚げ始め、出来立てホクホク。うんまい♪
 クラフトビールは定期的に入れ替わるんで、通わさるお店です! 

CRAFT PUB BRIAN BREW公式HP

2.寿し処 おたる亭 弥助

「上にぎり(10貫/1,800円・税込)」
「北海ばらちらし大盛(1,800円・税込)」
 何度お邪魔しても混みあっているお店。おそらく『狸COMICHI』人気No.1ではないでしょうか。とは言え寿司店らしく回転が良いので、待ってでも食べる価値あります!
 ネタに仕事を施し、シャリは赤酢な上にぎり。普段生寿司ばかりな道産子筆者、そのまま食べるお寿司は初めてなんですが美味いもんですね!
 大盛にしてもらった北海ばらちらし。お重ミッチミチな赤酢シャリに、注文を受けてから包丁を入れたネタを隙間なく散らし、ズッシリ重い仕上がりは食べる宝石箱……最高。
 カジュアルで親近感を持てる職人さんの接遇も良く、ソリャいつ来ても混んでますよね〜♪と納得の寿司店です!

寿し処 おたる亭 弥助(APRグループ)公式HP

3.大衆イタリア酒場 狸の休日

「生ビール sorachi 1984(572円・税込)」
「らいでんスイカのソルティードッグ (803円・税込)」
「ごろごろタルタルのスパムカツ(638円・税込)」
 『沖縄×イタリアン+北海道』といったスケールのでっかい創作メニューが揃う大衆酒場です。それなのに価格は「デミもつ煮(418円・税込)」など『え?いいの?』ってくらいリーズナブル。
 いただいたごろごろタルタルのスパムカツは山わさびの効いたタルタルソースが美味しくって!しかも盛り付けに空き缶使っちゃうインパクト、天才です♪
 ゼッタイに飲むべきは、らいでんスイカのソルティードッグ。目の前で生絞りするプロセスが良すぎてモウ。投げ銭していいですか(^-^)?
 美味しさも演出もセンスすごいし、しかもメニュー設定がお手頃な大衆イタリア酒場です。

4.ハンバーガーレストランルートナイン

「ラムR9バーガーセット(1,350円・税込)」
「タコライス大盛(900円・税込)」
 こうやってお皿で供されるハンバーガーって、格別に美味ですよね。卓上の包装紙にセルフで挟み、ギュッと押しつぶしてワイルドにいただくのが滅法うまい!!
 基本はビーフパテですが、ココではラムパテを是非とも。美味しさ別モノです(^-^)
 ちなみにハンバーガーだけではなく、タコライスやロコモコ・ハンバーグセットやとんかつなどなど、ライスセットも豊富。普段のお食事にも使い勝手の良いお店です。

ハンバーガーレストランルートナイン公式HP

5.天使のわたゆき

「私のご褒美 今日はいいことありそう(1,650円・税込)」
 生地&クリーム両方にマスカルポーネを使ったパンケーキ、旬のフルーツも多彩でアイスクリームまで添えられており、どこから食べるか迷うのも楽しみのひとつ(^-^)パンケーキの口当たりとフレイバーが魅力でしょう!
「牧場のパレード チキンスープカレー 鶏と野菜達のパラダイス大盛(1,250円・税込)」
 王道オーソドックスなチキン野菜でスパイス強め、サラッとアッサリスープです。
 雰囲気的にオッサン入りづらいかな……と思いきや、ウィスキーや焼酎などバーメニューもあり、行ってみりゃ老若男女お食事中。スタッフ皆様の気配りも心地よく、オッサンでも快適なランチでした(^-^)

6.元祖タルタル酒場 バレルバレル

「ビアボール(500円・税込)」
「串揚げ各種(160円〜・税込)」
 タルタルソースが秀逸!美味い!ソースや塩も用意されてますが『二度漬け禁止やで〜』みたいなソースの代わりに、タルタルソースをガッツリ絡めていただくのがコノ店の流儀でしょう。
 なにせ口当たり良く後味切れるタルタルでいただく串揚げは、もうナンボでも食えちゃうデンジャラス。サクッと30分、チョイ飲みにもドンピシャですね♪

「唐揚げ定食(860円・税込)」
 そしてランチメニューはナント唐揚げ食べ放題!ゴルフボール大の唐揚げにタルタルソースもかけ放題。
 最初は普通にかけてましたが、途中から唐揚げを豪快にタルタルにぶち込み、タルタルまみれの唐揚げに!タルタルソースを容赦なく絡めるとコンナに美味しかったんだ〜
 コレで(860円・税込)、行かなきゃダメな店っっっ!

7.彩ノ匠 irodori

「いろどりセット大盛(980円・税込)」
 昼は海鮮丼・夜は道産素材メインの居酒屋さんで、海鮮丼は自分好みのネタを選んで載せる勝手丼スタイル……とのコトですが、訪問時は勝手丼開始前。リーズナブルなオープン記念メニュー2種が選べました。
 2品ともサーモン&マグロは共通で、エビなら「匠セット(980円・税込)」、今回選んだ「いろどりセット」はホタテが載ります。大ぶりなネタは2切れずつ、イクラ&とびっこも載って1,000円未満は嬉しいですね。
 勝手丼スタイルが始まったらまたお邪魔したいですが、良心的なお値段の2種のセットも残しておいてくれれば……なんてゼータクでしょうか(^-^)

8.シハチ鮮魚店 狸COMICHI店

「名物!!シハチの10種海鮮丼(1,848円・税込)」
「追い飯(110円・税込)」
 札幌市内の人気店として実績バツグンな同店。
 通常10種盛なのが開店サービスで15種類ですよ〜と耳にしてコレを注文です(←限定に弱い)。てっぺんにドンと盛られたマグロとエビの存在感!脇を固めるカニ、サーモン、アジなどなど……食べても食べても無くならない海鮮は、追い飯(茶碗に別盛の酢飯)を追加しても足りないかも?くらいなボリューム。
 美味しいのはモチロン、目でも楽しめる盛りの良さはサスガのシハチ鮮魚店ですね。『狸COMICHI』でも揺るがない人気店になるでしょう♪
 ちなみに海鮮丼メニューは北24条とは全く違う構成で目にも新鮮です。通い慣れた地元民も行くべき!

■『シハチ鮮魚店 札幌北24条点』を紹介している記事

札幌の「海の幸がそびえ立つ海鮮丼」3軒!行列嫌いな地元民が並んでも食べたい店(1軒目)

https://gohantabi.jp/article/18093

シハチ鮮魚店(ラフダイニング)公式HP

9.とどしま青果店

「メロンゼリー(赤/1,500円・税込)」
 道産野菜&果物が揃い、サラダやフルーツのデザートの販売もある青果店。
 イートインスペースは「まだないんです…」との事でしたが、「よろしければ」とカウンターの一部をお借りしてその場でいただきました(スイマセン)。
 食べやすくカットされたメロンゴロゴロ、甘味抑えめなゼリーが絡まりフレッシュ!美味しい!本来2〜3人でシェアすべきボリュームでしょうが、あまりの美味しさにアッサリ一人で食べきっちゃいました。
 『狸COMICHI』内で色々食べ、〆のデザートにドンピシャな一品です。イートインスペース早く出来るとイイな〜。

とどしま青果店(北海道フードカンパニー)公式HP

10.十字屋珈琲店

「十字屋アイスコーヒー(水出し/L/600円・税込)」
「トラビストクッキー(100円・税込)」
 函館の名店のFCで、運営は餃子とカレーの『みよしの』を展開するテンフードサービスです。
 ありきたりな表現ですがココは『狸COMICHIのオアシス』ですね(^-^)
 屋台村感の強い施設内は比較的席間狭めなお店が多い中、ココはゆとりのあるレイアウト。他店では『賑わい』に聞こえる物音や話し声も、ココ十字屋珈琲店にいると耳に障らず、通路を隔てて時の流れすら違うようなゆっくりとした空気が漂っています。
 時間をかけてジックリと落とすブレンド、比較的サッと供されるアイスコーヒー、ともに口当たりはクセ無く程よい苦みがたなびきます。各種アラカルトも一歩引いた品揃え。
 ビールも置いてるんで『カフェ』の括りになるんでしょうが、何となく『喫茶店』と言いたくなりますね。改めて、『十字屋珈琲店』は『狸COMICHI』に欠かせないお店です!

十字屋珈琲店(テンフードサービス)公式HP

11.炉ばた 燻製 炉(あぺおい)

「オホーツクビール瓶(エール/580円・税込)」
「燻製盛合せ(1,200円・税込)」
 コノ店に限らず、『狸COMICHI』のお店は大抵所縁のある道内のクラフトビール(地ビール)を揃えてるのが楽しいんですよね〜♪燻製盛合せもイイ感じです。特にシシャモと数の子、たまらん。
「焼魚定食(880円・税込)」
「追加メンチ(300円・税込)」
 ランチメニューは『狸COMICHI』屈指のハイコスパ!焼魚・煮魚・フライから選べ、焼魚は目の前で炭火焼きのライブ感を楽しめます。
 炉端焼き自体は珍しくありませんが『ランチメニューを目の前の炉端で炭火焼き』は貴重ですよね!
 そして絶対注文すべきは「追加メンチ」。コレがベラボーにデッカイ!約200gと仰ってましたが、厚さ3〜4cm&大きさ15cmはあり、完全に客をビビらせにきてます笑
 当然ご飯一膳じゃ足りるワケないのですが、ナントご飯オカワリは無料サービスって、良すぎでしょココ。

 ちなみに店名の『アぺオイ』とはアイヌ語で『炉』を意味するそうで、あの弟子屈ラーメンの社長が手掛けたお店だとか……この質の高さ、納得!

12.おにくとトリュフ

「和牛すき焼き(1,280円・税込)」
「和牛カツサンド(1,280円・税込)」
「追いトリュフ(各料理+500円・税込)」
 和牛とトリュフというコンセプト、ソリャ流行るでしょ!いつ行ってもバータイムはほぼ満席って当然ですよね。
 まずは和牛すき焼きに追いトリュフ。スライスしたトリュフが舞い降りる様は極上の眼福です。卵黄と割り下を絡めたレア和牛、ウンマイ!
 さらにココから肉を食べた後の器を厨房に預けるとリゾットに。黒こしょうを散らすとモウ意味わかんないくらい美味!和牛すき焼きが前座に思えるレベルです。
 息つく間もなくカツサンドに追いトリュフ、サクッと焼けたトーストにレア和牛のカツ。そりゃ美味いわ。つくづく美味しさって目でも味わえると実感です。
 コノ日はビール飲んじゃいましたが、おそらくワインを合わせればさらに美味しいんじゃないかと。特にワインがお好きな方にはゴリ押しでオススメ、そうじゃない方もモチロン楽しめます!

13.中華厨房真生果(まきか)

「炒飯大盛(950円・税込)」
 中央区で長らく営業されていた『中華厨房肴やTOSHI』が店名も新たに移転オープンです。
 でっかいお皿におよそ2合弱はあろうかという大盛炒飯は、チャーシュー・ネギ・玉子のみのシンプルな構成。抑えめな味付けは米星人大喜びな仕上がりで、米欲満たされます♪
 この立地、この味、このボリュームでギリギリ1,000円未満はとっても良心的な印象。他のメニューにも期待したくなります!

14.餃子小籠包 富士山

「青島ビール(小瓶/660円)」
「餃子(6個/500円)」
「手包小籠包(4個/650円)」
 札幌市内で人気のお店の支店です。
 まずは餃子が焼き上がり、アッツアツを口に含んで青島ビールをグイっと……こんな幸せ、他にありますかね?多分青島じゃなくて国産ビールとかでも旨いんでしょうが、餃子に青島は格別な気がします、なんとなく。
 お次は小籠包、レンゲにのっけて皮を割き、こぼれるスープをひと啜り。針生姜を数本乗せ、黒酢をドバっとかけて口に中に放り込み、すかさず青島ビールを注ぎ込む。うんまぁ〜♪
 針生姜と黒酢の作法はココ富士山さんで知りました。こんなに美味しい食べ方、知らなかったなぁ〜……ちなみに黒酢は思いのほか酸味が軽く、思いっきりぶっかけるのがオススメです!

15.蝦夷前そばと豚丼北堂

「豚バラ合い盛り特盛(1,430円・税込)」
「ミニ豚丼(300円・税込)」
 冷たい蕎麦を温ツユでいただくスタイルの蝦夷前そば屋さんです。
 選べるお蕎麦は二八そばor太切り田舎の2種で合い盛りもOK。両方とも一玉ずつの特盛にしていただき、さらにセットならミニ豚丼が(500円→300円・税込)になると聞き追加です。
 選べる温ツユは豚バラ選択。コレがネギにゴボウ、茄子に岩海苔と具がゴロゴロ!食べ応えスンゴイ!!
 蕎麦猪口一杯分の冷ツユも添えられており、ソバ2種×ツユ2種で4通りの味くらべが楽しめ、飽きるどころかモウちょっと食べたいくらい。
 ミニ豚丼もご飯は半合程ながら厚めな豚バラ4枚が載り、コレも腹にたまります……食い過ぎて苦しい笑
 メニューには「〆そば(500円・税込)」もあり、チョイ飲みできるお店が揃う『狸COMICHI』でラストに立ち寄るにも打ってつけですね。

16.元祖滝川 花尻ジンギスカン

元祖滝川 花尻ジンギスカン(テンフードサービス)公式HP

「花尻ジンギスカン(味付/580円・税込)」
「ごはん(大/350円・税込)」
 道内で餃子とカレーの『みよしの』を展開するテンフードサービスが、滝川市の名精肉店の味を継いで開店!で話題のお店です。
 タレに付けこまれた羊肉は柔らかくも弾力あり、マトン肉なのかな?コレは美味しい!個人的にジンギスカンはロール肉にタレ後付派ですが、このタレ漬けの味は好きですね♪
 ごはん(大)は一合ほどと、うんまいジンギスカンを受け止めるに充分なボリュームです。

17.焼鳥 富士山

「サッポロ赤星瓶(660円・税込)」
「ヤキトン(240円・税込)」
「シロ(直腸/240円・税込)」
「鳥レバー(210円・税込)」
 『狸COMICHI』にもある『餃子小籠包富士山』がヤキトン店もオープン!早速、同店名物3大串をいただきます。
 鳥レバーは絶妙な火加減でトロトロだし、ヤキトンも旨味がバン!なインパクト、シロなんか表面カリッと中はトロリでたまりません。
 すかさず流し込む赤星がまたダメ押しの美味しさ。ヨイショ抜きで「こんなウメェもの食ったことねぇ……」って感じです。
 富士山三大名物の串3種、バツグンです。他の串モノも期待できそう!

18.麺荘 しらかば

麺荘しらかば(白樺山荘)公式HP

「味噌タンメン大盛(1,080円・税込)」
 札幌ラーメンで有名な『白樺山荘』の姉妹店がメニュー展開を変えて狸COMICHIにオープンです。大好きな「タンメン」もあるのがウレシイ♪
 唐辛子の効いた白樺山荘の味噌ラーメンに比べ、タップリ炒め野菜のおかげか、口当たりは別物なくらい甘味とまろみが際立つスープです。
 ゴワッとした中太の札幌麺は当然に相性ビッタリ。追加メニューの「辛味(100円・税込)」にするとさらにウンマイ予感ですね
 ちなみに『白樺山荘と言えばゆでたまご食べ放題!』も健在。奇をてらわず安心して食べに行けるお店です。

19.ランチョ・エルパソ

「どろぶた煮込みハンバーグとミニナポリタンのランチセット大盛(1,298円・税込)」
 札幌ではなかなかお目にかかれない「どろぶたハンバーグ」がメニューにあると知って大至急訪問です。いや〜旨かった!!ハンバーグと言えば牛だろ、って概念がぶっ壊れましたね♪
 脇を彩る小鉢もローストビーフにガツ刺しと主役級のラインナップ。ナポリタンに絡むソーセージも贅沢な極上の味、その下に控えるマッシュポテトですら旨味濃厚で、もう息つく隙がないほど卓上全部ウンマイ♪

「どろぶたソーセージ盛り合わせ(1,078円・税込)」
 夜はビール&自家製ソーセージ狙いの訪問です。
 ウィンナー・フランクフルト・ボロニアの三種セット。粒マスタードを添えて口にし、すかさずサッポロクラシックをグイっと……ぷっは〜、すげぇなどろぶた!
 他にもモツや串焼きなど、どろぶたメニューが余すことなくズラッと並ぶメニュー。やばい、どろぶた制覇したくなってきた笑

20.北海道肉巻き 捌格

「せんべろ (ドリンク3杯/1,000円・税込)」
「北の刺身盛 39秒チャレンジ(500円・税込)」
「北海道肉巻き 8本盛(1,880円・税込)」
 いつ見ても混んでて活気があるお店です。美味しいだけじゃなく、体感型のエンタメメニューがスゴイ!
 まずは大人気メニューの「北の刺身盛」で39秒チャレンジに挑戦です。時間内なら長くて太い菜箸で升に刺身を盛り放題!刺身を落としたり器を手で持つと終了です。
 店員さんの掛け声とともに店内のBGMがロッキーのテーマに変わり、めっちゃ盛り上がる!大好物のヒラメをタップリ盛り付けて(500円・税込)は激安ですね〜♪ちなみに升には二口分ほどのご飯入りで、ミニミニ海鮮丼としても楽しめるのが秀逸。よく考えてるな〜。
 そうこうしてる間に焼きあがった「北海道肉巻き8種盛」想像以上のボリュームです!中でもレタス巻きはデカいし美味いしで最高(^-^)!たぶん2〜3人でシェアする想定でしょうが、ウマ過ぎて一人で食っちゃいました……
 余談ですが、39秒チャレンジでは店員さんの煽りが楽しくって。誰かが挑んだ後は「私も!」「俺も!」と店内に伝染し、謎の連帯感。楽しい店です!

単なるグルメスポットではない、味と歴史のミュージアム。

 ステキなお店が集まるだけではなく、狸小路側入り口横には『狸神社』が奉られ、館内2階には狸小路の歴史を眺めるVRコーナーも。
 また、軒を連ねる店舗の数々は単なる有名店の出店だけではなく
★有名店がメニュー展開を新たに出店(例:シハチ鮮魚店、麺荘しらかば など)
★有名店が新業態で出店(例:炉ばた燻製 炉、元祖滝川花尻ジンギスカン など)
と、その店を良く知る地元民だからこそ興味を惹く仕掛けなのが魅力です。

 観光の方はモチロン、地元の方も北海道の味と歴史を再発見できるミュージアムです!コノ記事をご覧になった皆様が、『狸COMICHI』に行くきっかけになれば何よりです(^-^)

■こちらでもオススメのお店などを紹介しています!

Facebook:https://www.facebook.com/groups/sapporo.oomori

Instagram:https://www.instagram.com/sapporo.oomori/

狸COMICHI

〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西2丁目5

公認ライターおすすめ!北海道で味わってほしい「旅先グルメ」をご紹介

行列嫌いな地元民が並んでも食べたい、札幌市内の「海鮮丼」が美味しいお店や、小樽市民御用達の市場など、北海道で味わってほしいグルメをご紹介しています!

https://gohantabi.jp/hokkaido

◆公認ライターおすすめ!旅先で味わってほしいグルメ

東京・鎌倉の喫茶店で味わえる「ホットケーキ」や、北海道で愛され続ける「焼きそば」、千葉の郷土料理「なめろう」が堪能できるお店など、各地で味わってほしいグルメをご紹介しています!

https://gohantabi.jp/article_list

*この記事は2022年9月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

ライター:moja