旅人へひとこと

秩父の中心地!秩父神社のすぐ隣!本当に美味しいホルモン屋さんがここ『秩父ホルモンまる助』です!

秩父は自然と歴史、そしてグルメが楽しい町!アクセスはSLで!

秩父市街地へは、埼玉県熊谷駅から出発する秩父鉄道と、東京(池袋駅駅、新宿駅)から出発する西武鉄道の2本の電車が延びています。

筆者のおすすめは秩父鉄道!

秩父鉄道では、春〜晩秋の週末を中心に「SLパレオエクスプレス」を走らせています。SLに乗って秩父入り!なんて…テンション上がりませんか?

なお、行きは秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」で、お帰りは西武鉄道の「特急レッドアロー号」なんていうプランも組めますのでおすすめですよ!

お車でのアクセスの場合は、関越自動車道の花園ICより皆野寄居バイパス経由で、東京から90分ほどで到着します。

秩父は、珍しいご当地グルメが集まるグルメの町でもあります。

有名なところで言いますと…

・豚みそ丼

・わらじかつ丼

・くるみそば

・おっきりこみうどん

・ネギラーメン

など、様々なグルメが人気ですが…夜になると一層その存在感を出すのが「秩父ホルモン」なんです!

そもそも…なぜ秩父はホルモンが人気になったのでしょうか?

これ、実は定説がありません。しかし、ひとつはっきりしていることが、ここ秩父市内には養豚場が多く、新鮮な豚肉が手に入りやすかったことが挙げられます。

もともとホルモンの語源は「放るもん」。つまり、捨ててしまうような内臓肉のことでした。

昭和30年代に、大阪からやってきた労働者が、このホルモンを安く手に入れ、焼肉屋(ホルモン屋)を開業したことが、現在の秩父ホルモンの源流になっているようです。

そんな訳で、現在秩父市内にはたくさんの「ホルモン屋さん」が点在しています。一説によると、市内のコンビニエンスストアよりも多いとか!?

『秩父ホルモンまる助』名物!「生もつ」はマスト!

そんな秩父ホルモンのお店の中でも、今回お邪魔したのが『秩父ホルモン まる助 みやのかわ本店』さん。

秩父の象徴でもある『秩父神社』のすぐお隣にお店を構えています。

「秩父ホルモン協会」直営の『秩父ホルモン まる助』のおすすめは、ド新鮮が売りの「生モツ」と、ホルモンの王様「シロ」!

この2つは必ず食べてください!びっくりしますから!

『秩父ホルモン まる助』は、ここが本店。埼玉県内にいくつも支店を出している人気のお店です。

店内はテーブル席が6〜7席とカウンターが数席。決して広い店舗ではありません。

着席すると早速裏から七輪が運ばれてきました。炭火焼きで食べられるなんて嬉しいですよね!

早速メニューからオーダー。こちらは、QRコードを読み込んで、スマホから直接オーダーするタイプです。

今回は…「生ビール」と「シロ」、「生モツ」をオーダー。ワクワクしながら到着を待ちます。

オーダーしてからおよそ5分!まずは「生モツ」が運ばれてきました。

早速網の上へ乗せてじっくりと焼き始めます。

しばらくすると…うーん!タレが焦げていい香り!食欲そそりますねー!

焼き上がった「生モツ」を一口ぱくり。

え!?なにこれ!自分が今まで食べていたホルモンと全く違う!

ホルモンというと…噛みきれずにずっと口の中にいるイメージですが、ここの「生モツ」は全く異なります。

何せ、噛めばほぐれるように口の中でとろけるんです!なんだこれ!

そして「シロ」がこちら!こちらはよりアブラと旨味が凝縮しているタイプ。

「生モツ」ほどの柔らかさはありませんが、旨味がものすごい!

噛めば噛むほど、じゅわーっと旨味が口の中にあふれます!いやいや!うんまー!

秩父市街地の中心に程近い『秩父ホルモン まる助』のド新鮮なホルモンは絶品でした!

中心地から近いので、夕飯はこちらで食べて周辺のホテルに宿泊したり、電車に乗ってその日のうち変えるのもOK!宿泊すれば、翌日は秩父名物の雲海にも出会えるかもしれませんよ!

東京から最も近い田舎町ともいえる秩父地方。ぜひ、一度秩父ホルモンを食べに遊びに来てはいかがですか?

■こちらでもオススメのお店などを紹介しています!

ブログ:https://traveler-cipher.hatenablog.com/entry/2023/02/22/114618

Twitter:https://twitter.com/nikolaevbonifa1

秩父ホルモン酒場 まる助 みやのかわ本店

〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町15−10

◆埼玉・秩父で味わうべき絶品グルメ4軒!豚ホルモン、名物ラーメン、豚みそ丼など

https://gohantabi.jp/article/18152

公認ライターおすすめ!埼玉県の美味しいごはん旅をご紹介

https://gohantabi.jp/syutoken/saitama

*この記事は2022年11月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

ライター:旅人サイファ