ゴルフを始めたばかりのビギナーにとって、スウィングについての疑問は尽きない。アマチュアへのレッスンのみならずコーチ育成にも携わるJJコーチに「スウェイ」が起こる原因と改善法を教えてもらおう。

スウィング中に起こる代表的な体の動かし方のミスのひとつが、スウェイ。端的に言えば、体を回すのではなく、ただただ横にスライドしてしまう動きのことで、体重移動を意識するあまりスウェイが起きてしまい、結果スウィングの軌道が不安定になり様々なショットのミスの原因になってしまう、なんてゴルファーは少なくない。

このスウェイが起きてしまう理由は「股関節をしっかり使えていないことが原因のほとんどです」とJJコーチは言う。

「そもそもスウィング中の回転は横方向にスライドするのではなく、体の軸を中心にして起こります。バックスウィングでは左腰を前に出して右腰を後ろに引く、ダウンスウィングでは逆に左腰を後ろに引いて右腰を前に出すイメージですね。この動きをするためには股関節を稼働させられているかがポイントなんです」(JJコーチ、以下同)

とはいえ「体がまったく回転せずスライドだけしてしまう方は少ない」とJJコーチ。体の軸を中心に回転することもできているのだが、まだ股関節の動きが足りず「同時に横方向にスライドも起きてしまっている、というのが多くの方が悩むリアルなスウェイでしょう」という。

ではスウェイを直すためにはどうすればいいのか。答えはシンプルに「もっと股関節を回す意識を持つこと」だとJJコーチ。そのために有効な練習法を2つ教えてもらおう。

「ひざを固めずにイチ・ニ、イチ・ニ……とかかとを浮かせて足踏みするイメージで、めちゃくちゃ極端に体を回転させて素振りしたり、ショットを打つ練習はオススメですね。まずは過剰に動かすことでクセを付けるわけです。実際ツアー選手でも、もっと捻転させたいと考える方はかかとを浮かせますし、股関節が固くなってきたシニア選手などもベタ足の状態で体を回転させることが難しいため、ひざを固めずかかとを浮かせて極端にスウィングする方っていますよね。それと同じ要領です。かかとで足踏みをしている際に、踏んでいるほうの股関節とかお尻がちゃんと体の後ろ側に出ているかを意識しながら行うといいでしょう」

もうひとつの練習法も極端に股関節を動かすことに特化したもの。こちらは「実際に股関節を回した際に、体のどこにテンションがかかるのか、というのが感覚的にわかりやすいんです」とのことだ。

「写真Aのように、普段通りにアドレスした状態から、つま先が飛球線後方側に向くように右サイドに左足踏み出しながらバックスウィングしてみてください。そして、このときの上半身のポジションをキープしながら、踏み出した左足を元の位置に戻すと、自然と股関節がしっかり回せた状態のトップが作れます。このときに右わき腹から右腰、お尻辺りにテンションがかかっているのが感じられると思います。『体のこの部分が張ると、ちゃんと体を回せているんだな』ということが体感できますよ」

フォローサイド側を体感したいなら、写真Aとは逆に右足つま先が飛球線方向に向くよう右足を踏み出してから、同様に上半身のポジションをキープしつつ元の位置に右足を戻せばオッケー。とくにスウェイに悩むゴルファーはぜひ試してみてほしい。

協力/レッツゴルフ銀座