ゴルフを始めたばかりのビギナーにとって、ゴルフスウィングについての疑問は尽きないはず。アマへのレッスンのみならずコーチ育成にも携わる、COCO GOLF八千代緑が丘店エグゼクティブコーチ・福田慈英に、ゴルフスウィングに大きな影響を与える、アドレスの「前傾姿勢」の作り方について教えてもらおう。

「なんとなく」体を曲げると正しい姿勢にはならない

正しいゴルフスウィングをするためには正しくアドレスすることが重要。そしてアドレスを作るうえでポイントのひとつとなってくるのが上半身の前傾姿勢だが「間違った前傾の作り方をしている方も少なくないです」と福田は言う。

「よく見かけるのが、猫背で構えていたり、ひざを深く曲げてボールと体の距離を縮めようとする方です。なんとなく『体を曲げて構えたほうが良い』と分かってはいるけれど、正しいやり方がわからないとこうなりがちです。ボールと体の距離は縮みますが手元に振るスぺースが確保できずクラブ軌道の邪魔になってしまいます。するとダウンスウィングでクラブを下ろしてきたときに詰まってしまったり、それを解消するために体が伸び上がってしまったりといったミスにつながりますね」(福田、以下同)

では上半身の前傾角はどう作るのが正解なのだろうか。福田によれば3つのポイントがあるという。

「1つめのポイントは、背筋を伸ばす、もしくは胸を張った状態で、身体測定で身長を測るときのようにあごを引き、背中と後頭部が直線状になった状態を作ること。この状態が作れたら、お尻を後ろに突き出すイメージで上半身を正面側に傾けていきます」

注意点として、このときひざは曲げずに真っすぐ伸ばしたままキープしておくこと。

「前傾を使っている最中はいったんかかと重心になるイメージでオッケーです。両ひざは前傾し終えてから、クッションを作るために本当に軽く曲げる程度。曲げ過ぎると重心を落とし過ぎたり前傾が起き上がる原因になりますよ。ひざを曲げたあとは、足の指の付け根辺りに体重がかかっている状態がベストです」

そして残る2つのポイントは「腕の下ろし方」、そして「体とクラブの距離関係」だという。

「腕・手元は肩からダランと脱力するイメージで真下に向けて下げましょう。そして、構えた際にグリップエンドと体の距離が握り拳+親指1本ぶんの状態で構えましょう。番手が変わってもこれらは共通です」

前傾を作ったときに、角度が深すぎると腕・手元は真っすぐ下ろせずグリップエンドと体の距離が離れてしまう。逆に浅すぎるとグリップエンドと体の距離が近くなってしまう。腕・手元を下ろす角度、クラブとの距離が変わると正しい前傾姿勢が作れず「スウィングの軌道自体も変わってしまいます」と福田。

3つもチェックポイントがあると難しそうに感じるが、福田によれば「3つのポイントを満たす正しい前傾角度を見つけるための簡単なセットアップ法があります」という。

「まずおへその少し上辺りを触って確認すると、あばら骨が出っ張っている部分が左右それぞれにあると思います。その出っ張り部分にまず両腕の二の腕部分を左右それぞれくっつけましょう(写真A)。すると両腕が体の前面にある状態が作られます。そのまま腕を伸ばしてクラブを握り、握り拳+親指1本ぶんの距離をキープしたまま、クラブヘッドが接地するまでお尻を突き出して前傾していきましょう(写真B)。このときに作られた前傾角度がご自身の体格に合った正しい前傾の深さになりますよ」

今まで“なんとなく”で前傾姿勢を作っていたビギナーは、福田の教えを参考にしてみよう。

協力/COCO GOLFイオンモール八千代緑が丘店