4.9万人のフォロワーを抱える人気ゴルフインスタグラマー・はるぴょんこと上山晴香さんは、ハンディキャップ「3」と5下シングルの腕前を持つ凄腕ゴルフ女子。ゴルフ歴4年で5下シングルにまで到達した彼女の上達習慣を毎週ひとつ紹介。

ゴルフでスコアをまとめるためには、つねに考えていなければならないことがいくつかあると私は思います。とくに「逆算の考え」を意識してマネジメントすること。これができると、いま自分がなにを選択するべきかが明確になるんです、私がそうでしたから。

たとえば、パー4の2打目が残り200ヤード。3番ウッドを選択すれば、運よく乗ってバーディチャンスにつけられる可能性もありますが、難しいクラブのためミスする危険性も高いですよね。もちろん、あえてバーディを狙う!という選択もありだと思いますが、私はスコアをまとめたいので「確実にパーをとるためには?」と自問自答し、「逆算の考え」でマネジメントをしています。

そして、確実にパーをとるためには「いちばん自信のある距離を残すことが最善」だと考えているんです。この答えはゴルファーによってさまざまだと思いますが、私の場合は80ヤード、これは50度のウェッジでフルショットしたときの距離です。だからこそ、距離の長いパー4やパー5では自分的の絶対距離である80ヤードを残すようにしているんです。

もちろん3番ウッドを選択し、いい当たりをして、グリーンに乗ったら超超ラッキー!だと思います。だけど、確率でいったら乗らないほうが高く、右の林へ打ち込んでしまうかもしれないですし、3打目で難しいライや距離が残ることで大叩きするキッカケを作ることになりますよね。つまり、自分で難しいゴルフにしてしまっているということです。

このような状況を少しでも回避することで、ゴルフはラクになる。そのために「得意な距離をあえて残す」という逆算マネジメントは必要だと私は思っています。

とはいえ、私の場合は3番ウッドを入れていると「これで当たれば乗るかも……」と欲が出てきて失敗しちゃうんです(泣)。こういった失敗を繰り返さないように3番は抜き、5番ウッドをセッティングするようにしました。そうすると選択肢が少なくなるから迷わないし、自分の選択に自信がもてるかな〜と実感しています!

※上山さんはアマチュアゴルファーのためボランティアにて協力いただきました