スコアをまとめるためにパッティングは重要な要素だが、そのなかでも「パッティングのリズム」を意識することが大切だとプロキャディ・伊能恵子はいう。その理由を詳しく聞いてみた。

「スコアをまとめたい」「ベストスコアを出したい」など目標をもつゴルファーは多いですが、みなさんはどうしたらスコアをまとめることができると思いますか? 飛距離アップ、ショットの安定、メンタル、ショートゲーム……などなどゴルファーが100人いたら100通りの答えが出てくるかもしれません。

ゴルファーの課題が人によって課題は異なるのは当然ですが、多くの人が抱えている悩みはいくつかに絞れますよね。そのなかでもっともスコアに影響するのが「パッティングの上達」だと私は思います。

では、パッティングが上達するためにはどうするべきか? それはズバリ、「パッティングのリズム」を意識することがとても重要だと私は考えています。というのも、私は職業柄さまざまなレベルのゴルファーとラウンドする機会が多いのですが、「アドレスしてから始動に入るまでが長すぎる」ことで、ミスしてしまうケースをよく見かけます。

プロゴルファーはよく「リズムを大事にしている」といいますが、これはショットだけでなく、パットでも同じこと。入れたい気持ちが強いからこそ、考えすぎて静止してしまう気持ちはよくわかります。だけど、考えてしまったぶんだけ体はスムーズに動いてくれませんから、距離感が合わない……といった状況になりやすい。だからこそ、毎回同じリズムでストロークできるように普段から訓練することが大事だと私は思いますよ!

しっかりとラインを読み、構えたら「イチ、ニ、サン」とリズムよく打つクセをつけることを私はオススメします。いつもは心の中で唱えるだけでもじゅうぶんですが、不調なときほどリズムが崩れる。そんなときは同伴者の迷惑にならない範囲で”あえて”声に出してみるのもいいと思いますよ!