千葉県にあるマグレガーカントリークラブが実施している「一人ラウンド」が大人気⁉ その原因を探るため、ゴルフが大好きなゴルフ記者・S子が「一人ラウンド」を体験。その模様をレポートする。

こんにちは、ゴルフ記者・S子です。

いきなりですが、みなさんは「一人ラウンド」って、したことありますか? S子は組み合わせありの一人予約は何度かありますが、完全に一人でプレーできる「一人ラウンド」は体験したことはなかったのですが、千葉県にあるマグレガーカントリークラブが実施している「一人ラウンド」が好評と噂を耳にしました。

完全にひとりだけでプレーする「一人ラウンド」って、なんだか興味ある……!ということで、さっそく体験してみることにしました!

マグレガーCCの「一人ラウンド」は、もともと、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言が出された2020年4月頃に感染対策の一環として開始したプランだったようです。だけど、緊急事態宣言が解除されたあとも、完全ひとりでプレーする「一人ラウンド」プランの利用者は減ることなく、むしろだんだん増えているみたいなんです。

私は平日に体験させてもらいましたが、なんと29人ものゴルファーが「一人ラウンド」で来場。それも今まで3人、4人でのプレーで利用されていた方ではなく、マグレガーを訪れるのは「『一人ラウンド』が初めて」というゴルファーが多いところからも、ゴルファーからの需要が高いことがわかりますよね!

そんな「一人ラウンド」の最大の魅力はやっぱり「時間を有効活用できる」ところじゃないでしょうか。3人、4人でのプレーになるとハーフ2時間〜2時間15分が平均的だと思いますが、マグレガーCCの「一人ラウンド」は“ハーフ1時間15分”が平均! 1ラウンド2時間半でプレーできるスピード感なら、午前中に一人ラウンドして、午後から仕事するなんてことも可能ですし、これはゴルファーにとって嬉しいですよね!

とはいえ、スタート前は、時間を有効活用できるとは言っても、一人ラウンドって、話す相手もいないですし、「孤独感」を感じるのかな〜と思っていました。だけど、実際にプレーしてみると、まったくそんなことありませんでした(笑)。

正直いうと、いろいろ試せて、すごく楽しかったんです!ゴルフ仲間と雑談しながらプレーするという“楽しさ”ではなく、いろいろなことを試せる“楽しさ”みたいのが、あるんです。

たとえば、2打目で200ヤード残っていたとしたら、S子はドライバーの次に距離を稼げる5番ウッドを使って出来るだけグリーンの近くへ運ぼうとします。だけど、ひとりだし、いつもとは違う攻め方をしてみようと、9番アイアンで100ヤードずつ打って、3打で乗せてみるというようなマネジメントに挑戦しました!

もちろん、普段のラウンドでもすればいいんじゃない?と思われるかもしれないですが、スコアを気にするとどうしても「距離を稼がないと」と考えてしまうんですよね……(泣)。だけど「一人ラウンド」はそんなこと考えなくていい!アプローチをユーティリティーでしてみたり、あえてバンカーへ入れたり、グリーンに届かない距離で打ってみたりと、“ひとりじゃなければしない”ような選択がたくさんできたような気がします!

そう考えると「一人ラウンド」は上達したいゴルファーにはピッタリなプランですよね! いつもはしないような選択をあえてすることで、成功体験ができ、経験値や、ゴルフ力が上がる可能性があるんです。もちろんプロのようなチェックはできませんが、試合当日に向けて行う「練習ラウンド」によく似ていて、自分が苦手なライなどにチャレンジすることでなにかキッカケをつかむこともできるかもしれないですよね〜!

さて、そんな魅力的な「一人ラウンド」ですが、やはり気になるのはプレーフィー。2〜4人のプレーの場合は、平日6990円、土日祝は1万4400円ですが、一人ラウンドは割増になるそう。平日9900円、土日祝が1万8000円と、たしかに2〜4人でプレーするときと比べると割高ではありますが、一人ラウンドでできることを考えたらそこまで高くは感じないかな〜とS子は思います。さすがに毎日は通えないけど……(笑)。

「ゴルフはしたいけど、時間を有効活用したい」「もっとゴルフが上手くなりたい」そう考えているゴルファーは「一人ラウンド」を体験してみる価値ありかも! いろいろな気づきがあるからゴルフ熱に再び火がついたS子なのでした。