ゴルフの練習にゲーム感覚と飲食をプラスして全米で90以上に施設を増やし世界にも進出してきている「TOPGOLF」。ロサンゼルスの施設に行ってみたら、どこか懐かしさを感じたのはなぜ?

一大ブームを巻き起こした昭和のボーリング場にいるような感覚!?

みんなのゴルフダイジェスト編集部員でプロゴルファーの中村修です。桑木志帆プロの米合宿に同行しロサンゼルスに来ています。アメリカでゴルフ練習場に革命を起こしているといっても過言ではない「TOPGOLF」に行ってきましたのでレポートします。

桑木プロと小楠和寿トレーナーの3人でオフの合宿のため、2週間の日程でロサンゼルスにやってきました。私の日頃の行いが悪かったせいか、この1週間で1年分の雨量が降っているというカルフォルニア州ですが、ロサンゼルスもコースでの練習がままならないほどの雨続きに見舞われています。

早起きしてトレーニングを重視しながらも練習場所を探してみると、ロサンゼルス空港近くに「TOPGOLF」を見つけましたので演出が映える夜に行ってみました。

施設は三階建ての大型練習場で、月曜の18時にも関わらず駐車場は遠い場所しか空いていないほどの盛況ぶり。早速、施設に入ってみると1階には大画面でバスケットボールの中継を流すバーカウンターが目に入ります。

ロサンゼルスでは少しのアルコールなら飲酒運転にならないと聞きますが、日本の練習場にこんな立派なバーカウンターがあるのは見たことがありません。2階にも同じようなバーカウンターがありましたし、1打席に6名まで同時にプレーできるという打席には、フードやアルコールの充実したメニューが置いてあり、音楽もガンガンにかかっています。

お酒を飲みながら仲間で一つの打席を囲んで楽しむというのが「TOPGOLF」の楽しみ方のようです。ちなみにグラスを片手に写真を撮りましたが、桑木プロは練習中にお酒を飲むことはありませんのでご心配なく。

打席には大画面のモニター、場内には的になっているターゲットグリーンがあり、何やらゲームを楽しめるようになっているようです。ゲームの種類は幾つも用意されていて、例えば的に落ちた位置によって点数が表示され他のプレーヤーと対戦することができたり、モニター内に表示されたバーチャルな建物にボールを当ててを崩してみたりと飽きさせない工夫が見て取れます。

この雰囲気にどこか懐かしさを感じたのですが、昭和の時代に大流行したボーリング場を思い浮かべました。一つのレーンを仲間で共有してボールを転がしスコアを争い、ストライクを出したらハイタッチして盛り上がってましたよね。あの雰囲気でゴルフに当てはめたら、こんな練習施設になるんだと納得しました。

この点数を表示させるためにマイクロチップ入りのボールが使用され、トップトレーサーの弾道計測システムと連携し正確なボール初速、距離、弾道の高さや曲がり幅が表示されています。ゲーム感覚で楽しむだけでなく練習にも役立つシステムが設置されています。

気になる料金は、1打席当たり平日のお昼までは1時間$47、17時までは$57、17時以降は$67で6名までプレーできます。円安の現在のレート、1ドル=148円で計算すると平日の夕方で1時間約1万円、仮に4人で2時間プレーすると一人5千円になります。

さらに飲食を含めると1万円くらいはかかってしまいますね。日本でも飲食を楽しみながらプレーできるインドアゴルフの施設がありますが、物価の上昇率が高いアメリカの料金に円安の影響もあり、少しお高めかなという印象です。

日本では飲酒に厳しい道交法があるので、屋外の練習施設で導入するのは難しいと思いますが桑木プロは「アメリカっていう雰囲気が感じられて、とっても楽しかった!」と雨で練習できないうっぷんを晴らして帰りました。

写真/中村修