タイトリストの最新モデル「TSi」シリーズに早くも兄弟モデル「TSi4ドライバー」が追加。R&AとUSGAのドライバーヘッド適合リストへのリストオンが確認された。

TSi4は固定ウェートがフェース面寄り

いまだ発売日や性能の詳細が明かされていないタイトリストの最新モデル「TSi」シリーズ。ドライバーに関してはすでに「TSi2」と「TSi3」の2モデルが確認されており、PGAツアーではすでに多数のプロが使用を開始している。

この2モデルの公式リリースを待たずして、早くも追加の兄弟モデル「TSi4」がR&A、UGSAのドライバーヘッド適合リストにリストオンされた。

ロフト角に関しては8、9、10度の3種がラインナップ。レフティモデルの存在も適合リストの情報から確認できる。

TSi2、TSi3と同様に具体的な性能の詳細は謎に包まれているが、リストに掲載されているヘッドの画像から固定ウェートがソールのフェース面寄りの位置に配置されていることが確認できる。

これは現行モデルである「TS」シリーズのうち、「TS4」と酷似したウェート配置。TS4はTSシリーズの中で唯一ヘッド体積が430ccと少し小ぶりで、重心位置を浅めに設計することでコントロール性能を高めたモデル。

ヘッド体積に関しては適合リストでは確認できないため同じく小ぶりなヘッドになるかは定かでないが、TSi4とTS4、似通ったネーミングからは、同じように小ぶりヘッドでは? と推測したくなる。

ちなみに現行のTSシリーズは全4モデルラインナップされているが、先んじてTS2、TS3が発売となり、のちにTS4とTS1が追加、という経緯をたどっている。TSiシリーズでも、近い将来TSi1も追加されるのかも……?引き続き、続報に注目していきたい。