タイガー、松山英樹が長く愛用し、世界中のゴルファーから憧れられるパターブランドの魅力を追いかけるシリーズ。第13回は、「音を調整する技術」についてフォーカスした。

キャメロンがこだわった打音と打感

スコッティ・キャメロンは音にこだわる。タッチを出しやすい音や打感は人それぞれ。ゆえにパターデザイナーは、それを繊細に演出する必要があると考えているからだ。たとえば、素材は同じでもフェースが厚く、ミーリングの溝が浅いほど音は硬くなる。逆にフェースが薄く、ミーリングの溝が深いほど音は軟らかくなるのである。

そんな、音を調整する技術のひとつに、『BEACH(ビーチ)』と呼ばれるスリットがある。ソール部分に溝を入れることによって、独特の音と打感が得られるのだ。これが採用されたモデルには、02年に発売されたスタジオステンレスシリーズのニューポートビーチがあった。

当時、デビッド・デュバルやデービス・ラブⅢなどが同型のモデルを使用して人気を博している。キャメロンマニアのなかには、『BEACH』の音と打感が忘れられないという声も多い。

現在では、ツアーモデルのなかにわずかに見られるだけだが、いつかまた、『BEACH』の文字が冠されたモデルが現れる日を期待したい。

PHOTO/Takanori Miki  THANKS/スコッティキャメロンゴルフギャラリージャパン

※週刊ゴルフダイジェスト2024年2月6日号「キャメロンマニア宣言vol.23」より