キャロウェイの2022年ドライバー「ローグ ST MAX D」と2021年モデルの「エピック MAX」をプロゴルファー・堀口宜篤が打ち比べ! 初速の速さを謳う2モデルの実力を比較した。

昨今、各メーカーが送り出すドライバーシリーズには複数の兄弟モデルがラインナップされており、なかでもドローバイアス設計がなされたつかまりのいいモデルの採用率は高い。キャロウェイの2022年モデル「ローグ ST MAX D」もそのうちのひとつだ。

アベレージゴルファーやスライサーがメインターゲットとなる、つかまりのよさが特徴のモデルは、アマチュアにとって強い味方となる1本。では前作である2021年発売の「エピック」シリーズのドローバイアスモデル「エピック MAX」からどれだけ性能が進化したのか。新旧モデルをプロゴルファー・堀口宜篤に比較試打を通して確かめてもらおう。

まず2021年モデルの「エピック MAX」から試打を始めた堀口。さっそく構えた際の印象を聞いてみよう。

「投影面積の大きなモデルで構えた時にやさしさ満載という印象ですね。シャフトは三菱ケミカルと共同開発したオリジナルの『ディアマナ 40 for キャロウェイ』。モデル名にもある通り40グラム台のシャフトなので少し軽めの設定になっていますね」(堀口、以下同)

では、実際に打ってみた感想はどうだろう。試打データの平均値は以下の通り。

【堀口のエピックMAX試打結果】
HS43m/s キャリー225Y トータル243Y 打ち出し角14.5度 ボール初速60m/sスピン量2696rpm

「心地いい打感でストレスなく打っていけます。右に行くかなと思った打球も真っすぐに飛んでくれるのでミスに対する強さはかなり高いと思いました。シャフトのしなり戻りもあって、打感はちょっと吸いつく感じあります。そのぶん、高弾道でつかまりがいいなという感じがあります。オートマチックにヘッドが戻ってくる感じがして、力まず打てるクラブですね。HS40〜43m/sくらいの方のスウィングに合うかなと思います」

続いて、2022年モデルの「ローグ ST MAX D」を試打していこう。まずは構えた時の印象から聞いた。

「投影面積が大きいですが、マットブラックなので締まって見えます。やはり高級感を感じます。構えた時にフェース面が見えてやさしく感じますね。ワッグルした感じはこちらのほうが重みを感じます。シャフトはフジクラと共同開発したオリジナルの『ベンタス 5 for キャロウェイ』。前作とは違い、50グラム台になっていますね」

では次に実際に打ってみた感想を聞いてみよう。試打データの平均値は以下の通りだ。

【堀口のローグ ST MAX D試打結果】
HS42.6m/s キャリー218Y トータル238Y 打ち出し角13.9度 ボール初速60m/s スピン量2757rpm

「弾道がかなり高いのに、でもスピンはそんなに入っていないですね。インパクトで押し出したかなと思ってもそんなに右に出ていきませんね。やはりミスへの許容度は高く、直進性が高い。どのレベルのスウィングスピードで打ってもそんなに左右にぶれる感じはしません。“ほんのり”つかまってくれる感じが心地いいです」

新旧2モデルを打ち終えた堀口。いずれもヘッド自体のミスヒットへの寛容性については高く評価、いっぽうで、つかまりに関しては「“ほんのり”つかまる」と表現したように、「ローグ ST MAX D」のほうがやや控えめ。これは「シャフトの重量設定も大きいですね」と堀口は言う。

「オリジナルシャフトの重量が40グラム台の『エピック MAX』と50グラム台の『ローグ ST MAX D』では全体の重量感が違うので、切り返したあとのスピード感は『エピック MAX』のほうがあると感じました。いっぽう『ローグ ST MAX D』は力をしっかり溜めて一気にそれを放出して距離に変えていく感じで、こちらのほうが安定感がある強い球になっているのかなとは思います。どちらもスライサーに向いたモデルなんですが、切り返しが早いスウィングタイプの方は『ローグ ST MAX D』、スウィンガー系でゆったりと全体のリズムを変えずに打つタイプの方は『エピック MAX』のほうが向いていると思いますよ」

協力/PGST