ダウンスウィングで前傾をキープできない。それって太ももの前の筋肉が硬くなっているせいかも。稲見萌寧の賞金女王をサポートした小楠和寿トレーナーに普段できるゴルフに役立つ簡単ストレッチを教えてもらった。

アキレス腱や屈伸運動で足の裏側をストレッチすることは多いものの、太ももの前側のストレッチをする機会はあまりないはず。太ももの前から股関節周りの柔軟性を高めるストレッチを小楠トレーナーに教わった。

「片方の足を前に出したひざ立ちの姿勢から背筋を伸ばします。そこから曲げたほうの足の甲を手で引っ張りお尻に近づけます。ゆっくりで構わないので胸を前に出すようにするとしっかりと伸ばすことができます。無理のない範囲でゆっくりと呼吸を止めずにやってみてください」(小楠トレーナー)

ダウンスウィングで右の股関節周りが詰まる感覚がある人は、太ももの前から股関節周りの柔軟性が落ちて可動域が狭くなっているから。体を起き上がらせて楽な形にしてしまうことで力が抜けたり伝わらないインパクトになってしまうという。

「ひざ立ちでやるのがキツイ人は、壁に手をついて立ったまま足首を持ってゆっくりと後ろに引き上げるようにしてみましょう。このやり方ならスタート前のストレッチとしても手軽にできるのでぜひトライしてみてください」

スウィングの安定性や飛距離は、どこか一か所のポイントではなく体全体のバランスや柔軟性も大きくかかわっているはず。片側5回を1セットやるだけでもしっかりと太ももの前側が伸ばされている感覚になるし、立ったままできるからオフィスでもスタート前でも手軽にできるのがいい。早速やってみよう。