ゴルフの練習の基本は素振り。「スウィングの上達、とくに正しい体重移動を身につけるためには、ゴルフクラブだけでなく野球のバットを使った練習も効果的ですよ」というのは、プロゴルファー・大谷奈千代。詳しく話を聞いてみよう。

どんなことでも上達のためには練習が大切ですよね。とくにゴルフの場合はたくさんボールを打ちたいところですが、コストがかかってしまうのも考えものです。練習の期間が空いてしまうと、体が動かなくなってしまいます。そんな時におすすめなのが素振り練習なんです!

素振りはボールが遠くに飛んでいくことがないので、家の前のスペースでもできますし、なんといってもお金がかからないコスパ最強の練習方法です。

素振りといえば、野球のバットを思い浮かべやすいですよね。正しいスウィングを習得するために、野球のバットを利用してもたくさんのいい効果が期待できるんです。今回は、バットを使った効果的な素振りについて解説していきましょう!

ゴルフクラブと違って重たいバットは手先だけでスウィングすることはできませんよね。つまりバット素振りは手打ち改善に最適なドリル練習なんです。

クラブよりもずーっと重たいバットをスウィングすると、バットの先端がグリップ位置よりも下がりやすくなりますが、クラブでのスウィングと同じでバットを上から下に向かって振り下ろし、ベルトラインでインパクトを迎えるイメージでスウィングするようにしましょう。左足の拇指丘に体重を乗せながら、ベルトラインの高さでインパクトするイメージでトップの位置から45度の角度でバットを斜め45度に振り下ろすようにして下さい。

こうすることで、手打ちが原因で起こるダウンスウィングでクラブヘッドがグリップの位置よりも下がってしまうよくないクセを矯正することができるんです。

ダウンスウィング以降、左足の拇指丘で体重を受け止め、体を水平にターンさせなければバットが振れないことが実感することができますよ! このように、バット素振りでは、正しい体重移動の感覚を習得することができるんです。

バックスウィングで体重が右に乗り切れないギッコンバッタンの「リバーススパインアングル」改善にも、バットでの素振りは効果的です!

重たいバットでトップスウィングを作るには、右足の拇指丘に体重を乗せ、体幹をじゅうぶんに捻ることが大切です。こうすることで、体を動かす順番が整うのでスムーズに動けるようになります。ダフリやトップのミスが多い方は、ボールをすくい上げようとする動きから、ダウンスウィングで右肩が下がりすぎてしまっている可能性があります。

重たいバットはダウンスウィング以降、体重を左に移せないと、右肩が下がってしまい力強くスウィングすることができません。重たいバットでスウィングをすることで、ダウンスウィングで右肩が前に出てしまったり、右腰が引けるといった悪癖も改善することができますよ。

バット素振りのコツをまとめると、「体重を両足の拇指丘で受け止めて、体を水平にターンさせる動作」=ギッコンバッタンに効果的。「上から下に向かってスウィングする」=すくい打ち改善に効果ありです! ぜひ参考にされて下さい。