ドライバーのヘッドスピードが41〜42m/s あり、まだまだキレのあるアイアンショットを打ちたいと思っているゴルファーがダンロップのアイアンから選ぶとなると、候補は「スリクソンZX5 MkⅡ」と「ゼクシオX」のどちらかで迷うことになるだろう。クラブ設計家の松尾好員氏も、今回の3代目「ゼクシオX 」は「ZX5 MkⅡ」と遜色がない性能だと言い、この2つのアイアンが目指す「操作性」「寛容性」「フィーリング」というコンセプトも重なる部分が多い。

「スリクソンZX5 MkⅡ」とどこが違う?

「スリクソンZX5 MkⅡ」アイアンは、2023年のクラブ・オブ・ザ・イヤー アイアン部門の大賞を受賞しており、女子ツアーはもとより男子シニアツアーでも人気のアイアンとして高く評価されている。軟鉄のボディに、フェースはクロムバナジウム鋼を採用し、4番から7番アイアンのボディにはタングステンが埋め込まれていて、やさしいツアーキャビティの代表的モデルと言える。

一方「ゼクシオX」アイアンは今作が3代目となり、本家「ゼクシオ」にはない操作性を加味したアイアンとなっている。ボディはSUS413(ステンレス鋼)、フェースはHT1770(ステンレス鋼)が使われ、「ZX5 MkⅡ」同様に4番から7番アイアンにはタングステンが埋め込まれている。

ロフト角を比べて見ると「ZX5 MkⅡ」の7番が31度、PWが44度なのに対して、「ゼクシオX」アイアンの7番は28.5度、PWは43度となっており、「ゼクシオX」アイアンのほうがストロング設計となっている。7番アイアンのロフト差2.5度、PWのロフト差1度で言えば、「ゼクシオX」アイアンのほうが飛びそうなものだが、反発の高いフェース設計とボール初速との関係性を考えるとますます分からなくなってくる。

また、フェースの裏側にある3つの溝(スピードグルーブ)といい、スリクソンアイアンの標準設計となっている「ツアーV.T.ソール」(「ZX5 MkⅡ」にももちろん採用)といい、構えたときのシャープな形状など、「ZX5 MkⅡ」と「ゼクシオX」は搭載されているテクノロジーにも類似点が多い。
そうなると、スリクソンが好きか、ゼクシオが好きか、になってくる。イメージ的に「スリクソン」はツアーアイアンに属し、「ゼクシオX」はやさしさ重視のゼクシオからの派生アイアン。ゴルフクラブは意外と「気持ちの問題」も影響してくるので、もはや打ち比べて選ぶしか方法はないかもしれない。

ちなみに、男子シニアプロは「ZX5 MkⅡ」をそのまま使用すると飛びすぎるということで、ロフトを2度寝かせるのが流行っている。ロフトを立たせて飛距離を稼ぐことはよくある話だが、ロフトを寝かせて飛ばないようにチューニングするのはあまり聞いたことがない。

本家「ゼクシオ」アイアンとはまるで違う性能

ここからは実測データをもとに凄腕シングルでもある松尾氏にクラブ分析と試打レポートをしてもらいます。

クラブの長さが7番で37.0インチ(以下、すべて実測値)と「標準的」ですが、クラブ重量は装着されているスチールシャフトも相まって417.7グラムと「やや重く」、それに伴いスウィングウェイトもD2.4と「やや大きく」なっています。

クラブの振りやすさの目安となるクラブ慣性モーメントが272万g・㎠と「大きく」なっています(基準値:263万〜266万g・㎠)。計測データのみで推察するとドライバーのヘッドスピードが45〜46m/sくらいのゴルファーにとって、タイミング良く振りやすくなっています。

ヘッドを見てみると通常のゼクシオほど大きくなく、「スリクソンZX5 MkⅡ」と似ています。「ストレート系のリーディングエッジ」と「丸いトップライン」の組み合わせから球を包み込むイメージが湧き、さらにグースネックとアップライトなライ角と相まって、球をつかまえてくれそうです。

実際に試打したところ、まずフェースのトウ側の高さがヒール側に比べて高くなっており、アドレスではよりアップライトの印象を強く受けました。

さらに厚めのトップラインで力強さも感じます。試打クラブは7番で「ダイナミックゴールド95」のS200が装着されており、シャフトはスチールながらも軟らかさがあり、ヘッドスピードが40m/sくらいのゴルファーでも扱えるクラブといえます。

フェース面が軟鉄よりも硬い素材なので打感は硬く、フェース面でボールの食いつきはあまり感じませんでした。極大ヘッドの通常「ゼクシオ」よりも左右方向のヘッド慣性モーメントは小さく標準的なヘッドで、「夏のラフからのヘッドの抜け」「球のつかまり」「操作性」は通常「ゼクシオ」に比べれば「ゼクシオX」 のほうがいいです。

「スリクソンZX5 MkⅡ」と比べると、ストロングロフトでスピン量も少なくなるため、「ゼクシオX」のほうが鋭い弾道で飛ばせるアイアンという印象があります。スピンを入れて上から止める打球を打ちたいゴルファーは、カーボンシャフトと一緒に試打されるといいと思います。

※週刊ゴルフダイジェスト2024年2月13日号「ヘッドデータは嘘つかない!」より

PHOTO/Tomoya Nomura