ゴルフを始めたばかりのビギナーや初心者にとって、スウィングについての疑問は尽きない。埼玉県草加市のゴルフスクール「Tom's Bishon草加店」専属のJJコーチに、「スウィング中の右手の役割」について教えてもらおう。

右手はプラスアルファの出力

ゴルフクラブは両手で握るわけだが、スウィング中まったく同じ動きをするわけではない。ではスウィング中に、それぞれどのような役割を果たしているのか。今回は右手に絞って教えてもらおう。

結論からずばり言うと、右利き右打ちを前提として「右手はパワー、飛ばしのための出力をする役割があります」とJJコーチ。

「左手側はスウィング中にゴルフクラブを支える軸の役割を果たします。そして右手側は、プラスで出力を得るために、ゴルフクラブを押す役割があるんです」(JJコーチ、以下同)

そのためには右手の“付け根側”、右わきを開かないようにすることが大切だという。

「シンプルに、開いているよりも締めているほうが押す力が圧倒的に出ます。押す力が強くなれば多少のダフリや薄い当たりでも打ち負けずボールが前に飛んでくれるので、ミスに強くなるという点でも右わきを締めることは大切ですね」

右手で押すと聞くと「手打ちなのでは?」と感じる人もいるかもしれないが「右わきだけでなく左わきもしっかり締まった状態なら、腕の力はむしろ使っていってほしいんです」とJJコーチ。

「もちろん、ただ腕っぷしだけで飛ばすのはNGですが、両わきを締めて腕が体にくっついた状態であれば、腹筋や背筋など、体の大きい筋肉の力も合わせて振っていくことができます。なので体の筋肉を活かす正しい体の動きができるなら、腕の力も出力したほうがいいです」

右手でどの方向に、どのタイミングで押す?

右手はさらなる出力を得るためにクラブを押す役割がある。では、具体的にどの方向を目安に押していけばいいのか。「これに関しては十人十色、イメージ次第ですね」とJJコーチ。

「結果的には飛球線方向に押し出していく動きになるのですが、その動きを作るためのインパクトのイメージは、例えば『ボールに対して上から打ち込んで押す』、『レベルに振って平行に押す』、『ボールのすぐ先を目指して押す』だったり、様々です。中にはボールではなく『地面に対してしっかり押して打ち込んでいく』イメージで上手くいく方もいます。もちろん本当に地面に向かって振っていたらダフってしまいますからあくまでイメージで、実際は飛球線方向へ押し出していっているわけです。要はどのイメージがしっくりくるか次第ですね」

続いてダウンスウィングのおおよそどの辺りから押していくのだろうか。これに関しても「個性が出る部分」としたうえで「僕個人の感覚としては、腰の位置までクラブが下りてきた辺りですね。腰の高さあたりから斜め下に対して押していくイメージです。参考にしてみてください」とのことだ。

協力/Tom's Bishon草加店