ゴルフを始めたばかりのビギナーや初心者にとって、スウィングについての疑問は尽きない。埼玉県草加市のゴルフスクール「Tom's Bishon草加店」専属のJJコーチに「飛距離アップのための体の動き」を取り入れる第一歩を教えてもらおう。

飛距離を伸ばすためには、スウィング中のフットワークや体の回転で勢いを付けてインパクトすることが必要になってくる。ではまっすぐ立った状態での振り子のスウィングを覚えたビギナーが、飛距離アップのためにまず取り入れるべき動きとは何なのだろうか。

JJコーチは「どの程度体重移動をするか、体を回すかって、本当にゴルファーによって十人十色な部分で難しい話ですが」と前置きしつつ「導入として、スウィング中に両足をヒールアップさせて足踏みしてみるのが良いと思います」とのことだ。

「軸を保った状態でハーフスウィングができるようになった段階で、クラブの振りに合わせてバックスウィングでは左足を、ダウンスウィング以降はインパクトへ向けて左足を踏み込みつつ右足をヒールアップさせながら打ってみてください」(JJコーチ、以下同)

この練習の肝は、足踏みによる体の動きの勢いを乗せてボールを打てているかどうかにある。足の踏み込み方や体の回し方で勢いをつけるにしても「その勢いを乗せてボールを打つことが大切なんです」とJJコーチ。

したがって、ヒールアップ練習ドリルをやる際は「腕力を使って飛ばさないようにしてください。足踏みによって軸が多少ずれてしまってもいいので、その代わりにしっかりと足裏でちゃんと自分の体重の移動を感じながら振りましょう」とのことだ。

「また、この練習ドリルは『やればすぐできるようになる』といった即効性があるものではありません。じっくり取り組んで『勢いを乗せて打つ感覚』を体で覚えてみてください。続けていくなかで、ヒールアップを戻したときの左足の踏み込みをきっかけに勢いを付けているのか、それともヒールアップの動きに合わせて腰を回し勢いを付けてるのか、といった自分のタイプも感覚的にわかってきます。自分の中でタイプの判断ができてから、ご自身の個性に合わせて踏み込み方と回し方、それぞれに特化した極端な練習ドリルに挑戦してみてください」

協力/Tom's Bishon草加店