9月17日から開催される海外メジャー「全米オープン」。同大会でのフィル・ミケルソンの勝利に、なんと4万5000ドル、日本円にして約480万円ベットした勝負師が現れた!

ミケルソンが勝った場合、優勝賞金より多くの金額を得ることになる

海外では「スポーツベッティング」、スポーツ競技の結果を予想するギャンブルが親しまれている。ゴルフも例に漏れず、週ごとに各トーナメントの勝利予想とオッズに注目するゴルフファンも少なくない。

もちろんビッグタイトルであるほど注目度も高くなるわけだが、9月17日から開催される海外メジャー「全米オープン」において、フィル・ミケルソンの勝利に4万5000ドル(約480万円)もの大金をベットした勝負師が現れたという。

発表したのは多数のスポーツを取り扱うブックメーカー、ウィリアム・ヒル。ゴルフ競技に対して個人で賭けた額としては、米国ウィリアム・ヒルの歴史の中で歴代2番目に高額だという。

ご指名を受けたフィル・ミケルソンといえばみなさんご存じの通り、PGAツアー通算44勝の天才レフティ。海外4大メジャーに関しても、マスターズで3勝(04、06、10年)、全米プロで1勝(05年)、全英1勝(13年)と通算5勝を重ねているが、唯一全米オープンだけはタイトルを獲得できておらず、キャリアグランドスラム達成を果たせるかにも注目が集まる選手だ。

そして、奇しくも今年の全米オープンの開催コースは、ミケルソンが優勝に大きく迫った2006年大会と同じニューヨーク州・ウィングドフットGC。ミケルソンファンなら否が応でも期待が高まるが、それにしても480万円も賭けるとは。よほど熱狂的なファンなのだろうか。

ちなみにもし全米でミケルソンが優勝を実現した場合、この勝負師は3.375百万ドル、日本円にして約4億円を手にする可能性があるという。なんと、チャンピオンがもらえる優勝賞金(2.25百万ドル)よりもはるかに高額!

全米ではミケルソンのキャリアグランドスラム達成に注目が集まるが、その裏に、もう一人“大勝負”に挑む男がいたというわけだ。

※2020年9月16日9時30分 文章を一部修正いたしました