「もっこす」とは肥後もっこすのことで熊本県の男性の気質を表すときに使われる。正義感が強く、曲がったことが大嫌い。その言葉がぴったりなクラブデザイナー、マスダゴルフ主宰・増田雄二がゴルファーの悩みに今日も答えます!

(質問)
上級者向けのアイアンは、軟鉄鍛造製と相場が決まっているように感じます。軟鉄鍛造が選ばれる理由は何でしょうか?(大阪府 22歳 平均スコア95)

担当記者(※以下GD):軟鉄鍛造アイアンに特別な思い入れのあるゴルファーも多いですが、最近は複合素材のアイアンも多くなりました。

増田:軟鉄鍛造がいいか?と聞かれたら、それはもういいに決まっています。軟鉄鍛造が一番なら、複合素材を採用したモデルは二番目、三番目になりますね。

ゴルフは技量はもちろんですが、体力も年齢も実に幅広い人がプレーしています。その中で一番上手い人は何を使っているか、例えばPGAツアーのトップ選手たちは何を使っているか、それは軟鉄鍛造のマッスルバックアイアンです。

野球に例えると、守備が一番うまい選手はショートを守るものでしょう? 捕球も上手いし足も速い。そんな選手が使うグローブはほかのポジションと比べても小さいものです。手で取るような感覚になるほど、小さいグローブを使う選手も多いです。

大きなグローブのほうが取る範囲が広く、よさそうに見えるけどそういうものではないんです。上手い人は一見難しく見える小さなグローブを愛用している。

GD:ゴルフも上手い人は小さいヘッドを使いますね。

増田:ゴルフの世界で一番上手い選手たちは何をしているか? 最高峰の選手たちはゴルフという競技で何をしているか。それは、ボールを操っているんです。

時には風に乗せたり、逆に逆らったり。つねにボールを操っている。そして操りやすいのが軟鉄鍛造のマッスルバックなんです。単一素材でヘッドが小さく、コントロールがしやすい。ボールがフェースに乗る感覚があり、感触からもコントロールしやすくなります。

GD:そうなると、ボールを操らないアマチュアゴルファーは、そこまでの操作性は必要ないということになりませんか。

増田:そこは正解のないことだし、今の自分の技量に応じて選ぶのが良いと思いますよ。スイートエリアが広くて、お助け要素の強いクラブのほうが、スコアという点では結果は出やすいでしょう。ちょっと芯を外してもグリーンに残ってくれれば、それがありがたい人は多いでしょうから。

GD:ステンレスなどとは違う軟鉄のよさはありますか?

増田:打感の違いは少しありますが、単一素材で塊なのでスイートスポットも似たようなところに出来ます。その意味では大きく操作性が変わるみたいなことはないでしょう。

鍛造製法は熱して叩いてカタチを作ります。赤くなるまで熱して、それから冷却する、つまり焼きが入るわけです。そうなると特性が元の金属から変わってしまいます。軟鉄の場合は、鍛造を繰り返してもそんなに性質が変わりません。焼きが入っても軟らかいままで成型出来る。そこは利点でしょうね。