ゴルフを始めたばかりのビギナーにとって、スウィングについての疑問は尽きない。アマチュアへのレッスンのみならずコーチ育成にも携わるJJコーチに、「ラウンドや練習前に行いたい、オススメストレッチ」を教えてもらおう。

ゴルフもその他のスポーツの例にもれず、ラウンドのスタート前や練習場でボールを打つ前にウォームアップをおこなうことが、パフォーマンス向上やケガ防止のためには重要だ。「ボールを打つ前に、最低限コレはやっておいてほしい、というストレッチが2つあります」とJJコーチは言う。

「一つ目は上半身のストレッチです。まずは足幅を少し開いて立ち、体の正面側でゴルフクラブのヘッド・グリップ側の端をそれぞれ左右の手で握ったら、そのままバンザイをするように真上に上げましょう(写真A)。後述する動きが、短いクラブだとキツイので、ドライバーなど長い番手を持ってやるのがオススメです」(JJコーチ、以下同)

クラブを真上に上げたら、そこからさらに写真B左のようにクラブを背中側に倒していく。「最終的にそのままシャフトがお尻につくところまで下げられたらなおいいですが、体を痛めてしまっては元も子もないので、無理のない程度に留めましょう」とJJコーチ。そしてまた体の正面側に戻すところまでが1セットだ。

「このストレッチで胸筋、肩甲骨、背中周りの筋肉……スウィングで使う上半身の筋肉を大体全部伸びてくれるのでオススメですね。ストレッチしておかないと、クラブを深く上げられないし力も入りづらくなってしまいます。どの選手でもやる、定番のストレッチですね」

続く2つ目は下半身のストレッチ。やり方はシンプルで、両足を大きく開いた状態で前屈するだけ(写真C)。「地面に手が付くのがベストですが、1つ目のストレッチと同様に、柔軟性や可動域によって個々人で限界は変わってくるので、足の開き具合は各々調節してみてください」とJJコーチは言う。

「このストレッチでは、おもに股関節や腰、お尻、人によっては背中側も伸びていきます。これもスウィング中に使う部分、股関節と腰周りが伸びてくれるのでオススメのストレッチですね」

ゴルフ場や練習場に移動する最中、とくにクルマを運転していたりすると、自分が思っている以上に体は凝り固まってしまう。ケガを予防し、十全な状態でプレーするためにも、JJコーチが教えてくれた2つのストレッチをぜひ取り入れてみてほしい。

協力/レッツゴルフ銀座