ゴルフには“スコアの壁”がつきもの。ビギナーを脱したアマチュアゴルファーに立ちはだかるのがスコア100の壁だ。これを乗り越え「100切り」を達成するにはどうすればいいか? プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説。今回は「ラウンド直後の練習」について教えてもらおう。

もちろん普段の練習場での継続的な練習は上達において重要だが、それ以上に実戦……ゴルフコースでのラウンドは得難い経験。とくにラウンドよりも打ちっ放しに足を運ぶ機会のほうが多いゴルファーにとってはなおさらだろう。

そして上達を目指すなら、ラウンド中だけでなくラウンドを終えたあとも大切だ。「せっかくのゴルフコース。練習場もありますから、時間が許すならラウンド直後に練習をしたいですね」と兼濱は言う。

「ラウンド直後に何か練習するとしたら、ラウンド中の印象に残っているミス・反省点を一つに絞り、それを改善する練習を行いましょう。ティーショットでのミスが多かったらドライバー、グリーン上でのミスが多かったらパターですし、課題がショートパットなのかロングパットなのかでも取り組むべきことは変わりますよね。もしかしたらミスの原因は番手によるものではなく、正しくターゲットに対して構えられていないといったアライメントのミスの可能性もあります。いずれにせよ、取り組むテーマを一つに絞ることが重要です」(兼濱、以下同)

もちろん練習場にはない、ゴルフ場だからこその状況……たとえば天然芝のグリーンやバンカーなどを活かした練習も貴重だが「そもそも『ラウンド直後』という時点で“ゴルフ場だからこそ”の練習なんです」と兼濱。

「ラウンド中に起きた生の体験・失敗をその場ですぐ振り返って練習することは、日がたってから同じことを行うよりもクリティカルに自分の上達につながりますよ。ポイントは前述した通り、複数のミスがあったとしてもまんべんなく練習しようとせず、一つに絞ること。『あれもこれも』とやっていると結局すべて中途半端になってしまいますから。ぜひ実践してみてください」

協力/レッツゴルフ銀座