ゴルフには“スコアの壁”がつきもの。ビギナーを脱したアマチュアゴルファーに立ちはだかるのがスコア100の壁だ。これを乗り越え「100切り」を達成するにはどうすればいいか? プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説。今回は「ウェッジでのボール拾い」の意外な効果について教えてもらった。

地面にあるボールを手で拾うのではなく、ウェッジのフェース面にヒョイッと乗せてスマートに拾い上げる、プロや上級者の練習の模様を見ていると、そんなシーンに出くわしたことがある、という方も少なくないだろう。

熟練のゴルファーたちが何気なくやっている、ウェッジでボールを拾い上げる動作。これが「アプローチのイメージ作りにもすごくつながってくるんです」と兼濱は言う。

「ボールをウェッジで地面から拾い上げるには、まずフェースを自分のほうに向け、フェースを開くように回転させながら、ボールの下にリーディングエッジを潜り込ませる必要があります。そのときの動作がインパクトでボールをフェース面の上で滑らせる動きとリンクするんです。そのままヘッドを通過させていけば、スピンが効いた低くて止まるアプローチになります。ボールを拾い上げるためには、リーディングエッジを潜り込ませたあと、フェース面が上向くように開きながらさらに潜り込ませていくのですが、この動きがロブショットを打つ際のヘッドの動かし方と近いイメージになりますね」(兼濱、以下同)

加えて、ボールを拾うためには「ある程度ヘッドスピードも必要になってくる」と兼濱は続ける。

「もちろんスウィングのときほど速いわけではないですが、とはいえある程度加速しないとそもそもボールの下にリーディングエッジとフェース面を潜り込ませることができません。このヘッドを加速させる感覚が、実際のスウィングの際にインパクトでヘッドを走らせていく感覚にもつながってきます」

もちろんあくまでも何気ない“遊び”の範疇。上級者たちも、もちろん「アプローチが上手くなりたいからウェッジでボールを拾ってみよう」と思ってやっているわけではないだろう。しかし、こういった小さな部分からクラブの扱い方を学んでいくことも非常に重要だ。次回の練習の際に、ぜひチャレンジしてみてほしい。

協力/広尾ゴルフインパクト