飛距離アップのためのスウィング中の動きである、右足の正しい蹴り方とは? シングルハンディの腕前を持つイラストレーターの野村タケオが実際に試してみた!

右足を蹴る方向は「上」でなく「前」

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。ドライバーはやっぱり飛ばしたいな〜と思うわけで、いろいろなことを試したりしているのですが、よく雑誌なんかには「右足の蹴り」で飛ばすみたいなことが書かれています。これね、やってみるのですが、なんだかうまく行かない。飛ぶどころかミスが増えて逆に飛ばないんですよね。

週刊ゴルフダイジェスト11/14号に”飛距離が伸びる「右足の蹴り方」”という記事がありました。いったいどう蹴れば飛距離が伸びるのでしょうか? 正しい蹴り方や、ドリルが載っていたのでやってみることにします。

この記事で解説をしてくれている北野正之プロによると、右足を蹴るというのは自分の体重をボールに乗せるという目的があるということです。では右足を蹴るとは、どういうイメージなのでしょうか? 北野プロによると、ラグビーのタックルのように、体の重さをヘッドを通してボールにぶつけるようなイメージだということです。しっかりと重さが乗った”厚いインパクト”ができるようになると、ボール初速が上がり、飛距離も伸びるということなんです。

しかしアマチュアは蹴る方向を間違っているためにボールに体重が乗らないそうなんです。アマチュアはどうしても右足を蹴る方向が「上」になりがちで、それだと前傾が崩れ、体が浮いてしまいます。当然ボールに重さが伝わりません。右足は飛球線方向に蹴っていくのが正解ということなんです。「上」ではなく「前」に蹴らないとダメということですね。

では体重が乗る「右足の蹴り方」ってどうすればいいのでしょうか。北野プロによると、前への右足の蹴り方には3つのステップがあるといいます。その中でもいちばん重要なのがステップ1で、右のくるぶしを地面に近づけるように、土踏まずで蹴る動き。こうすることで、ターゲットに向かって体当りするように蹴っていけるということなんです。つま先で蹴ってしまうと、右膝が前に出やすくなり、右サイドがかぶってきてしまいます。その結果、カット軌道になり体重を乗せられなくなるんですね。

ステップ2は、土踏まずで蹴った後に、つま先を支点に右かかとを回す動き。そしてステップ3では、右足の甲を地面に近づけるイメージ。こうすることで、右ひざが左ひざに近づいていき、左足一本でのフィニッシュが作りやすくなります。

この3ステップのスウィングをやってみました。僕は普段、あまり右足を蹴る意識はなかったのですが、考えてみると、右足が伸び上がって上に蹴るような動きになっているような気がします。右くるぶしを地面に近づけるイメージで振ってみると、全く下半身が伸び上がらず、パワーがしっかりと前に向かっていく感じがします。重心が低いままインパクトできるような感じ。ボールを打ってみても、たしかに当たりが厚いですね。ただ、飛球線方向に押し込もうというイメージが強すぎると、どうしても体が左に突っ込んでしまいます。せっかく右足で蹴れても、パワーがしっかり伝わらないというか、逃げてしまう感じになっちゃうんですよ。

これに関して、北野プロは右足の蹴りをさらに生かすためには、左サイドの動きが重要になると言っています。左サイドに壁がないと右足の蹴りのパワーがロスしてしまうということなんです。左サイドを浮かさないようにすることで、体重がしっかりとボールに伝わるのだとか。そのためのポイントは3つ。左足への踏み込みと、左肩を上げないこと。そして切り返しからダウンスウィングで手元を真下に下ろす意識です。アマチュアはどうしても切り返しからクラブを横に振ろうとしてしまうそうで、そうなるとクラブが寝てしまい左サイドが浮きやすくなるそうです。そうではなく、手元を真下へ下ろすようにすることで、体重がしっかりとボールに向かっていくんですね。

このイメージでやってみましたが、さっきよりもさらに重心が低いままインパクトできる感覚。本当にどこにもパワーが逃げていない感じがします。どうしても飛ばそうとすると左サイドが浮き気味になるのですが、このイメージだと全く浮きません。ただ、いきなりドライバーでこれをやろうとしてもなかなか難しいので、最初はアイアンで練習したほうがよさそうです。うまく打てるとアイアンでもしっかりと厚い当たりで強い球がでます。

この動きを覚えるためのドリルとしては、ボールを左足の外側において打つというのがいいようです。右足でしっかりと蹴ってボールを打つのですが、上に蹴ってしまうと強く打つことができないので、最初に飛球線方向に蹴るという動きを覚えるのにはいいんじゃないでしょうか。右くるぶしを地面に近づける動きも忘れずにやりましょう。

そしてもうひとつ、股にバスケットボールくらいの大きさで柔らかいボールを挟んで、そのボールを落とさないように打つというのもいいようです。これをやると、右足の蹴りと左サイドの壁を同時にマスターできるということです。残念ながらボールがなくて、このドリルはできなかったのですが、これは良さそうなのでさっそくボールを買ってきて試してみようと思います。

右足を蹴るスウィングができるようになると、インパクトが厚くなり、コンパクトなスウィングでも飛距離が出るようになるそうです。コンパクトになることでミート率も良くなるし、曲がりもすくなくなります。しかも傾斜地からのショットやバンカーショットにも良い影響が出るのだとか。そのあたりは記事に詳しく書かれているので、気になった方はぜひ読んでみてください。

「気になる」が満載!『週刊ゴルフダイジェスト』の記事は「Myゴルフダイジェスト」で!

[Myゴルフダイジェスト]