4.6万人のフォロワーを抱える人気ゴルフインスタグラマーでもある、はるぴょんこと上山晴香さんは、ただのゴルフ女子ではなくハンディキャップ「3」と5下シングルの腕前をもつ。ゴルフ歴4年で5下シングルにまで到達した彼女の上達習慣を毎週ひとつ紹介。

多くのゴルファーはなにか目標をもって練習に励んでいますよね。なかでも代表的なのは100切り、90切り、80切りというような「目標スコア」を設定しているケースだと思います。もちろん私もベストスコア更新! という目標はあります。

だけど、とくに100切りを目指すゴルファーは、コースへ出ると「ナイスショットを出すこと」が目標になってしまっているような気がします。ミスショットをするたびにスウィングのことを考えて、修正しようとする。ナイスショットを出すための模索をしているのだと思いますが、これがスコアにつながらない原因じゃないかな? と私は感じてます。

ナイスショットが打てると気持ちがいいですが、ミスショットでも前に転がればスコアになるのがゴルフです。そして、スウィングは日々の積み重ねによって完成するものだと私は考えています。ですから、ナイスショットを出すためにスウィングのことを考えていてもすぐに結果には表れないし、その考える時間がもったいないと思うんです。

だからこそ、一度スウィングのことを考えるのはやめて、マネジメントやメンタルコントロールをメインに考えてプレーしてみてほしいと私は思います。たとえば、スライスしかでないなら、その球筋を想定したマネジメントを考えるというように今持っている自分の武器だけで、戦ってみる。それだけでもスコアは大きく変わってくると私は思います。

なかには同伴者にアドバイスを求めるケースもあると思いますが、プレー中に試すのは危険。というのも、「正解」がわからなくなることが大半で、調子を崩す可能性が高く、スウィング迷子になるキッカケにもなりやすい。底なし沼からなかなか抜け出せなくなってしまうはずです。

もちろん目標がスコア70台を出すことであれば、ある程度のショットを求めるのは必然的。だけど、スコア100切りを目指すゴルファーであれば、ナイスショットを出すために……ではなく、ボギー、ダボで上がるためにはどうしたらいいか? と考えたほうが結果は出やすいかなと私は思います。

※上山さんはアマチュアゴルファーのため、ボランティアにて協力いただきました