正しいゴルフスウィングをするためには身体を動かす順番が大切だ。とくに切り返しからダウンスウィングにかけて下半身リードで振る際に重要な動作である「ヒップターン」のコツを、プロゴルファー・大谷奈千代に教えてもらおう。

先日「スウィング中、どうやってクラブを下ろしたらいいのかわからなくなってしまうのですが、どうしたら良いでしょうか?」というご質問をいただきました。

ゴルフスウィングは複雑な動作を行いますから、知らなくてもうまくいっていたらそれが1番良いのですが、わからないまま取り組んでしまうと頑張ってもなかなかうまくいかないなんてことが起こってしまいます。

今回はそんなクラブの下ろし方についてレッスンしていきましょう!

まず、バックスウィングからダウンスウィングに変わるポジションを切り返しと言います。バックスウィングでは上半身の胸を回しますが、切り返し以降のダウンスウィングでは、下半身で上半身を引っ張るようにしながらスウィングをリードしていきます。

こういった理由から、切り返しでは身体を動かす「動きの順番」がとても重要になってきます。イラストAのように、プロゴルファーのようなナチュラルで力強い切り返しの形はこの順番が正しいからうまくできるんです!

この形を作るためには、手元やクラブといった上半身をトップの位置に置いたまま、下半身からリードを開始しヒップ(股関節)がターンしてヘッドが下りてくる必要があります。

ヒップターンさせるためには、骨盤のポジションが正しく前傾されている必要がある!

この時覚えたいのが、正しいヒップターンの仕方です。説明の通りヒップターンをさせようとしても、失敗してしまった場合は上半身が突っ込んでしまいます。

こうなってしまうと、ダウンスウィング全体が上半身主体になってしまうため、パワーが溜められないだけではなく、アウトサイドインの軌道になってしまいスウィング全体がうまくいかなくなってしまいます。

また、骨盤が前傾されて、股関節が折り込まれた状態でヒップターンしないと、トップのポジションで作ったお腹の捩れは解けてしまいます。骨盤を前傾して折り込んだ状態でヒップターンすることでそういったことも防げますし、結果的にインパクトで肩のラインをターゲットに対して並行に向けることができるようになり、右肩が前に出過ぎる(上半身の突っ込み)のも防ぐことができますよ!

切り返しからダウンスウィングにかけての、骨盤の位置と角度に注意して練習しましょう。それでも、ヒップターンの際どうしても骨盤が後傾してしまう人は腹筋の力が弱くなっているかもしれません。

ヒップターンを行う際は、腹筋がしっかりと締まっていることがとても大切になってきます。バックスウィングで身体をしっかりと捻ったところから、腹筋が締まることで前傾姿勢が維持できるようになり、股関節も折り込んだ状態を保てるようになりますので、ヒップターンがしやすくなります。

もし切り返しで腹筋が緩んでしまうと、骨盤も後傾してしまいヒップターンがうまくできなくなってしまいまいます。心当たりのある方はダウンスウィングで腹筋の力が抜けてしまわないように心がけましょう!