ブリヂストンのアイアンといえば、アスリートが好む軟鉄キャビティのイメージ。新しく登場した2モデルをゴルフステージ成城のクラブナビゲーター・吉田朋広が打ってみた。

ブリヂストンスポーツのBシリーズから3モデルのアイアンが発売されました。
「221CB」、「 222CB+」 そして試打会オーダーで購入可能なマッスルバックモデルの「B LIMITED 220MB」。今回はメインモデルとなる「221CB」と「 222CB+」の2モデルを検証してみたいと思います。

2年ぶりにチェンジしたブリヂストンの軟鉄鍛造キャビティアイアン「221CB」。
ゴルフ歴の長い方はブリヂストンの軟鉄鍛造キャビティアイアンを一度は使ったことがあるのではないでしょうか。最近のブリヂストンのアイアンは使用プロの要求はもちろんですが、ブリヂストンユーザーからの意見を取り入れるような開発をおこなっているようで新型の「221CB」はユーザーに評価の高かった前作「201CB」をブラッシュアップしたモデルに仕上がっています。

構えた感じは前作と比べるとネック周りなど、細かい違いはありますが、イメージは大きく変わりません。操作性のよさそうなブレード長、シンプルな軟鉄鍛造キャビティですが構造はかなり凝っていて、4番と5番ははデュアルポケットキャビティを搭載して低重心化、このクラスのモデルとしてはボールが上がりやすいように設計されています。

軟鉄鍛造らしい打球感ですが、練習場のボールだとわりと「カチッ」としたフィーリングです。ただ軟らか過ぎるのとは違い、芯を感じられる心地よい打球感です。コースボールだとさらに軟らかさを感じられるでしょう。

ストロングロフト採用ながらイメージよりも球は高く上がり、ターゲットに対してラインが出しやすく、バックスピンも掛かりますのでグリーンでもしっかり止まるボールが打てます。そしてソールの抜けがいい感じですね。リーディングエッジとトレーディングエッジを落としたソール形状はプロの意見を取り入れているようですが、アマチュアゴルファーでもダウンブロー気味にインパクトされる方には抜けのよさを感じてもらえると思います。このソール形状が前作「201CB」といちばん違いを感じる部分です。

多少のミスヒットに対して寛容性もありますし、ブリヂストンユーザーの方はもちろん「アイアンが好きなんだけど少し飛距離を出したい」と思っているアスリートゴルファーにオススメです。

女子プロゴルファーが試合に投入して話題の「222CB+」はかつて宮里藍プロが使って大ヒットした軟鉄鍛造キャビティ「ツアーステージVIQフォージド」の再来を感じさせてくれます。やさしい軟鉄鍛造キャビティアイアンは多くの要望があったのでしょう。構えた感じは前作「221CB」よりもひと回り大きく、安心感があります。オフセットも大きめでボールのつかまりもいいです。

素材はS20C鍛造ですが、レンジボールだと「もちっ」とした吸い付く軟らかい打球感というよりもしっかり芯を感じられるソリッドな打球感です。「221CB」同様ボールの種類によって感じ方は変わるでしょう。

「ツアーコンタクトソール」と名付けられたプロの要求から生まれた「222CB+」のソールも抜けのよさが抜群ですね。リーディングエッジとトレーディングエッジはあまり落としていない幅のあるフラットなソールなのですが、バウンスを効果的に使えるソールはこのクラブの特長ともいえるでしょう。アイアンでもスイープに打っていくイメージの方に合うと思います。

ミスヒットへの寛容性も高く、多少トップ気味になった際もボールは上がりやすく、バウンスの効果もありイメージ通り飛ぶアイアンだと思います。やさしさの中にもプロが求めるターゲットを狙うための機能性が損なわれていないのはさすがです。プロの求めるやさしさを体感できる現代のアスリートモデルの主流モデルとなると言えるでしょう。軽量スチールやカーボンシャフトを装着すればかつてブリヂストンのアイアンを使っていたシニアの方等にも使いやすいと思います。

「221CB」と「222CB+」のコンボアイアンもオーダーできるようなので上の番手を「222CB+」下の番手を「221CB」にするなんていうのもありかもしれませんね。