昨年の全米女子アマを制した馬場咲希さんを、中学1年から指導しているのがプロコーチの坂詰和久(さかづめかずひさ)、通称『わきゅう』だ。坂詰コーチと20年以上の付き合いがあるベテラン編集者Oが、謎キャラコーチの気になる話を聞き出す! 今回は「テコの原理でテークバック」がテーマだ。

テークバックで頭は動く

O編 ここ数回にわたって、手首の角度をリリースして打つアプローチについて聞いてきたよね。

坂詰 ええ。通常のショットのように、右手首を甲側に折ったままハンドファーストに打つのではなく、ダウンスウィングで手首の角度をリリースして、(正面から見たときに)シャフトが真っすぐの状態でインパクトする打ち方ですね。

これは『フィネスショット』なんて言われているんですが、今の米ツアーを見ると、この打ち方をしている選手がとても多いんですよ。

O編 でも、そのとき、手先でクラブを動かしちゃったら上手くいかないでしょ?

坂詰 体を止めて、腕を右左に振っちゃうのはよくありませんね。あくまで、手は体の真ん中に置いたまま、上半身の回旋でバックスウィングして、手を体の真ん中に置いたまま、手首の角度をリリースしていくことが大切です。

逆に言うと、フィネスショットをしようとしたときにミスが出やすい人は、腕を左右に振っている可能性が高いので注意したいですね。

O編 そういう手打ちに悩んでる人が、体で打つにはどうしたらいいと思う?

坂詰 頭を動かすといいんじゃないでしょうか。

O編 頭を動かす? どういうこと?

坂詰 みぞおちの位置をなるべく動かさないようにして、頭を左に動かしながらテークバック、頭を右に戻しながらダウンスウィングするんです。ギッタンバッコンの動きをわざとやる感じですね。

O編 たまに「アプローチはギッタンバッコンの動きで打て」っていうプロ、いるよね。それって、みぞおちを動かさずに頭を左に動かせば、テコの原理が働いて、自然にヘッドは右に上がるってことでしょ?

坂詰 そういうことです。試しに、クラブを体の正面に垂らし、シャフトの途中(みぞおちの前あたり)を動かさずに、グリップエンドを左に動かしてみてください。そうすると、自然にヘッドは右に上がりますよね。それと同じです。

O編 確かに、それなら手先を動かさなくてもクラブは上がるよね。

坂詰 そのあとは、重さに任せてヘッドを落としつつ、頭を右に戻せば、手とヘッドはアドレスの位置に戻る(正面から見たときに、シャフトが真っすぐの状態でインパクトできる)というわけです。

プロの頭は動いていた

O編 なるほど……。でも、実際に頭を左右に動かしちゃっていいの?

坂詰 いいんです。というか、プロもそうやって打ってるんです。ツアープロ120人のテークバックを計測したら、全員がわずかに頭を左に動かしていたそうですよ。

O編 え? 全員?

坂詰 全員なんですって。まぁ、実際にはわずかな動きだから、動いていないように見えるんでしょうけど、最新の計測機器を使うと、全員の頭がテークバックで左に動いているのがわかるんだそうです。

O編 つまり、それが自然な動きだっていうことか……。

坂詰 そういうことになりますね。

O編 確かに、実際にやってみると、頭を動かすほど手は動かさなくなるかも。

坂詰 でしょ。

O編 それでも、もし、「プロがみんな頭を左に動かしている」というデータがなかったら、頭を動かすのをためらっちゃうかもしれないね。だって、頭は動かさないっていうのが常識なんだから。

坂詰 だからエビデンス(証拠)があるかないかは大切なんだと思います。フィーリングだけで説明していると、なかなか信じてもらえないし、そういう常識みたいなものが邪魔しちゃいますからね。

O編 とにかく、しばらくは頭の動きを意識しながらアプローチの練習をしてみるよ。

坂詰 ぜひ試してみてください。まぁ、ツアープロの場合、頭の動きはほんの少しなんですが、手打ちに悩んでいる人であれば、最初のうちは大きめに頭を動かしてみるのもいいと思います。それで感覚がつかめてきたら、動きを小さくしていけばいいんじゃないでしょうか。

PHOTO/Takanori Miki THANKS/エースガーデン(八王子)

※週刊ゴルフダイジェスト2023年11月14日号「ひょっこり わきゅう。第40回」より

[バウンスが利いて、ザックリが出にくくなる! 手首をリリースするアプローチを磨こう【謎キャラコーチ『わきゅう』の気になる話♯39】 - みんなのゴルフダイジェスト]