1991年生まれ、奈良県出身の木下稜介(きのした・りょうすけ)。学生時代に日本学生を制し、2013年にプロ転向。2019年に全英オープンの出場権を獲得。2020-2021年シーズンは優勝が期待される選手の一人。そんな彼の選んだ14本のクラブとは?

自分のゴルフを支える2本のフェアウェイウッド

2020年は木下稜介にとって出場が決まっていた全英オープンが中止になるなど悲運の年となったが、それでも国内ツアーでは6試合に出場し、トップ10以内が4回という成績は称賛するべき数字だ。躍進の要因はパーオン率の高さ。昨年の数字は71.72%の1位で、ショット力の高さが光る。

「フェアウェイウッドには自信を持っています。いま使っているの(※ヴェイパー スピード、2015年発売)は発売当初からなんで5〜6年は使っていますね。もともと飛距離が出るほうではなかったので、曲がらないことを大事にしていました。その点でこの2本のフェアウェイウッド(※もう一本はツアーB XD-F 2018年モデル)は自分のゴルフを支える部分だし、セッティングにおいても核となっているのはこの2本で間違いないです」

2020年11月の三井住友VISA太平洋マスターズでは優勝を惜しくも逃したものの、そこで優勝争いができたのは2本のフェアウェイウッドのおかげだと振り返る。木下にとって自身の調子のバロメーターになっているようだ。

また、木下は筋トレで飛距離アップにも成功。正確性を失わずに飛距離を伸ばしたことで、総合力を高めた。14本の内容はスタンダードと言えるものだが、そのなかで木下が大事位していることは振りやすさ。振りやすいと感じるクラブを使うことが飛距離も正確性もアップさせることを証明したわけだ。

週刊ゴルフダイジェスト2021/1/26号「pro's spec」より。撮影/有原裕晶

【木下稜介のセッティング】
1W:ツアーB XD-3(9.5度、スピーダーTR 2、硬さ:X)
3W:ナイキ ヴェイパー スピード(15度、スピーダー757 エヴォリューション、硬さ:X)
5W:ツアーB XD-F(18度、スピーダー757 エヴォリューション、硬さ:X)
3I:ツアーB X-HI(20度、N.S.PRO プロトタイプ、硬さ:X)
4I〜PW:ツアーB X-CB1(N.S.PRO プロトタイプ、硬さ:X)
AW・SW:ボーケイ・デザイン SM8(52・58度、ダイナミックゴールド S200、硬さ:X)
PUTTER:オデッセイ トライホット3