ゴルフを始めたばかりのビギナーにとって、スウィングについての疑問は尽きない。アマチュアへのレッスンのみならずコーチ育成にも携わるJJコーチに、「スウィング中のクラブを握る強さ」について教えてもらおう。

「小鳥をつぶさない程度」。これはゴルフクラブのグリップを握る強さを表すために古くから伝わる表現で、実際に手元には力をこめずゆるく握ることが推奨されている場合が多い。強く握ることによって、シャフトのしなりを生かしづらくなりヘッドスピードが落ちてしまったり、上体が強張りスムーズにスウィングできなくなってしまうからだ。

しかしながら、スウィング中ずっとゆるく握り続けたままでいいのかと問われれば、答えはノー。「ゆるく握るイメージが先行してしまっていて、とくにビギナーの方は勘違いしやすいのですが、インパクト時には力が入るし、何なら入れなきゃダメなんです」とJJコーチは言う。

「たしかにスウィングの前半はクラブが手元から落ちない程度の握力で大丈夫なのですが、インパクト時もゆるく握ったままだと、当たり負けしてフェースの向きが変わってしまい、ミスショットの原因になりかねませんよ」(JJコーチ、以下同)

さらに「力の入れ方にもコツがあります。とくに、手全体にギュッと力をこめるのはNGですよ」とJJコーチは続ける。

「手全体で強く握ってしまうと、手首の周りの筋肉をフルに使うので手首を動かしにくくなってしまいます。なので、握る力を強くするのは両手の中指と薬指の計4本だけ。これがポイントです。クラブを支えるために重要な4本だけに力をこめることで、手首の可動域を保ちつつ当たり負けしないためのグリップ圧を加えられるんです」

力加減は「本当に全力、加減はしなくていいくらいです」とJJコーチ。また、力を入れるタイミングに関しては「ご自身のスウィングのリズムを目安にするといいですよ」という。

「たとえば『チャー・シュー・メン』の3拍子だったら、『チャー』と『シュー』ではゆるく握り、インパクトのタイミングである『メン』で力をこめましょう。『イチ・ニー・サン』でも、『イチ・ニ』の2拍子でもいいので、スウィングリズムを意識しながら練習するのがオススメです」

協力/レッツゴルフ銀座