キャロウェイの2022年ドライバー「ローグST MAX FAST」と2021年モデルの「エピックMAX FAST」をプロゴルファー・堀口宜篤が打ち比べ! 初速の速さを謳う2モデルの実力を比較した。

キャロウェイが送り出す「FAST」の名を冠したドライバーは、兄弟モデルと比較すると軽量化がなされており、振り抜きのよさによりパワー不足を補ってスウィングスピードを加速し、大きな飛距離を生み出すことを可能にするモデル。

2022年の「ローグST」シリーズ、そして2021年に発売された「エピック」シリーズにもFASTと名についたドライバーがラインナップされていたが、新旧モデルでどのように進化したか、プロゴルファー・堀口宜篤に比較試打を通して確かめてもらおう。

まずは2021年発売の「エピックMAX FAST」から見ていこう。純正オリジナルシャフトのSフレックスを装着した状態でクラブ重量が約272グラムと、かなりの軽量化がなされたモデルとなっているが、構えた際の印象はどうだろう。

「純正オリジナルの軽量シャフトとの組み合わせで、持った時に無理せずに振って行ける軽さだと感じますね。あと、エピックシリーズのなかで『エピックMAX FAST』だけフェース面がシルバーの状態なので、フェース面が見やすくて安心感があります」(堀口、以下同)

では次に実際に打ってみた感想と、試打データの平均値を見てみよう。

【堀口のエピックMAX FASTの試打結果】
HS43m/s キャリー224Y トータル241Y 打ち出し角14.6度 ボール初速61m/s スピン量2917rpm

「HS40m/sくらいのイメージで振った時に、実際の数値はHS43m/sまで上がっていたので、インパクトゾーンの加速が凄いということですよね。自分で走らせなくてもクラブがオートマチックに走ってくれる感じがします。粘らせる打ち方よりも、一瞬、踏ん張ってから一気にリリースしていく打ち方のほうが加速をする感じがします。軽くて非常に操作がしやすいですね」

堀口によれば、「HS38m/sくらいの方でも十分に使える」とのこと。逆に「少しシャフトに負荷をかけて打ち、HS44m/sくらいになるとちょっとスピン量が増えてフケる感じがするので、やっぱり“ゆったり”振るゴルファーに合っているのかなと思いますね」と評価した。

では続いて、最新モデルの「ローグST MAX FAST」を試打してみよう。こちらに関しても純正オリジナルシャフトのSフレックスを装着した状態で、クラブの重量は約278グラム。純粋な総重量の軽さ、という点ではわずか「にエピックMAX FAST」が勝る形だが、「ローグST MAX FAST」も十二分に軽量化されていると言っていいだろう。

構えた時の印象は「見た目は高級感があってカッコイイですね。少しクローズフェースで、つかまりがよさそうで安心感がありますね」と堀口。では、実際に打ってみた感想を聞いてみよう。まず試打データの平均値は以下の通りとなった。

【堀口のローグST MAX FASTの試打結果】
HS42.5m/s キャリー226Y トータル247Y 打ち出し角14.3度 ボール初速61.7m/s スピン量2589rpm

「当たってからの押し出しが強い感じがします、打球がひと伸びしていきますね。高さもしっかり出ている割に、スピンはそこまで増えていかないです。やはりハーフウェイダウンあたりからの加速が速い感じがします。シャフトとのマッチングなんでしょうね。HS42m/sでもトータルで245ヤード出ますからね。やはり初速は凄い出ていると思いました。ただし、振るとつかまる感じはします」

新旧モデルの比較試打を終えた堀口。改めて打ち比べたことで「打感と手元のしっかり感に、とくに違いを感じましたね」という。

「まず、どちらのモデルに関してもスライス回転をあまりさせない、つかまりのよさを感じました。ヘッドの加速に関してはどちらもインパクト前後で感じるのですが、手元のしっかり感は『ローグST MAX FAST』のほうがより強く感じましたね。打感についても吸いつきがより良かったのは『ローグST MAX FAST』。打球の直進性、クラブ全体のしなり感も、『ローグST MAX FAST』のほうが若干出ているのかなと感じました。以前に『エピックMAX FAST』を打ってみてちょっと柔らかいなと感じた方でも、『ローグST MAX FAST』を試すのはアリかなと思いますね」

協力/PGST