5万人のフォロワーを抱える人気ゴルフインスタグラマー・はるぴょんこと上山晴香さんは、ハンディキャップ「3.5」と5下シングルの腕前を持つ凄腕ゴルフ女子。ゴルフ歴4年で5下シングルにまで到達した彼女の上達習慣を毎週ひとつ紹介。

ゴルフでスコアアップするために「技術」や「メンタルコントロール」が重要だと言われていますが、それと同じくらい「マネジメント」は大切なのではないか、と私は思います。

90切りを目指しているゴルファーはグリーン近くまでボールは運べているけど、50ヤード以内のアプローチで行ったり来たり。ティーショットやセカンドショットは悪くないのに、上がってみたらダボ、トリになっちゃう……そんな経験はありませんか?

たとえば、430ヤードと距離の長いパー4のティーショットでドライバーが飛距離210ヤードくらい。残りは220ヤードですが、このときに「少しでも近づけたい」と考えてしまい、3番ウッドなど成功率の低いクラブを選ぶこともあるかもしれません。だけど、スコアをまとめるためには、確率が高い武器を選択していくことがポイントになると私は考えています。

「少しでもグリーンに近づけたい」と2打目で飛距離が出るクラブを選ぶと、リスクも大きいですよね。なので、私は得意な距離を残して3打目勝負するようにしています。これはパー5のマネジメントとして取り入れているゴルファーも多いと思いますが、長いパー4や難しいホールなどでも効果的のため、ぜひ試してほしいと私は思います!

とはいえ、実際のラウンドで3打目勝負をするためには、まず「自分の得意な距離」を把握することが大事になってきます。得意距離は人それぞれのため、練習場で50、60、70……100ヤードと、距離別に5球ずつ打ち、どの距離が一番“狙ったところに打てる確率が高いか”を確認するところから始めてみてもいいかも……!

実際のラウンドであれば距離を残すマネジメントを取り入れるのは勇気がいるかもしれませんが、成功体験を積み重ねることで自信になるはずです!

※上山さんはアマチュアのためボランティアにて協力いただきました