今シーズン、前半途中から休んで腰痛の治療に専念し夏場に復帰、そして、日本女子オープンで見事優勝を飾った原英莉花。現在、クラブ契約はフリーとあって、数多くのブランドがバッグに入っていた。

ドライバーはパラダイム ツアーのロフト9度。ソールのフェース寄りにウェイトビスが入った浅重心のロースピンモデルだが、さらにソール前方に鉛を貼り低スピン化を図り、その後ろでT字状にも鉛を貼って、振り感とスピン量を調整。

今年のドライバースタッツで、平均飛距離255.7ヤード(7位)は昨年とほぼ同じだが、フェアウェイキープ率が64→68%に上昇。シャフトはクセのない、中調子のジ アッタスV2。3Wは2021年モデルのヤマハRMX VD、5Wはエピックスピード♦♦♦と、ヘッドは違うが、シャフトは同じモデルを挿している。

6Iから9IはミズノTOURプロト。ミズノのツアーレップに聞くと、「このアイアンは北海道Meijiカップ(8月)からです。原選手から、『やや大きく見えるヘッド形状で、少しオフセットのあるアイアンをお願いできますか』とのリクエストがあり、その要望に近いJPX 923ツアーをベースにして作ったプロトタイプです。見た目以外には、軟らかな打感と抜けの良さを意識して作ってあります」

原自身は、「もともとミズノさんと契約していたので、あの打感からは離れられません。打っていてやっぱり気持ちがいいですね。5Iもミズノさんの中空のフライハイで、プロ2年目からずっと使っています。フェースが大きく見えて安心感があって、ラフでも楽に打っていけます」

4本のウェッジはゾディア。4本ともバックフェースのデザインは同じだが、ロフトによってソールの厚みとグラインドが微妙に違う。シャフトはアイアンと同じアッタスFFだが、一段階重い95を挿す。「ウェッジだけではありませんが、私は最初に重く感じるのが嫌なので、軽めに作っていただいて、振った感触と打感とスピンを見ながら、最後に鉛で調整しています」。実際、ゾディアのウェッジも49度と55度のバックフェースに鉛がしっかり貼ってある。

シーズン終盤に使っていたパターは、ホワイトホットOG ロッシー。夏場に復帰した際は角型ヘッドのVERSAセブンSを使っていたが、日本女子オープンではロッシーのクランクネックタイプを使用。最終戦のリコーカップでもこのパターだった。ボールはブリヂストンのツアーB X。唯一契約しているギア。

本人いわく「打感と安心感」にこだわった14本だ。

ウッド系は全番手違うモデル
1W/パラダイム ツアー(9度)・ジ アッタスV2(5S)
3W/ヤマハ RMX VD 2021年モデル(15度)・ジ アッタスV2(6S)
5W/エピックスピード♦♦♦(18度)・ジ アッタスV2(6S)
4U/ピン G430ハイブリッド(22度)・アッタスMB HY(65S)
5I/ミズノプロFLI HI 2019年モデル(24度)・アッタスFF 85
6I〜9I/ミズノ TOURプロト・アッタスFF 85
PW〜LW/ゾディア プロト ウェッジ(45・49・55・58度)・アッタスFF 95
PT/オデッセイ ホワイトホットOG ロッシー(3度)
BALL/ブリヂストン ツアーB X
※スペックは編集部調べ、スペックとスタッツは11月23日時点 ※5Iはロフト25度を24度に立てて使用 ※アッタスFFはフレックスフリーシャフト

※週刊ゴルフダイジェスト2023年11月28日号より(PHOTO/Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki)

[トッププロが使用するスコッティキャメロンの3モデル、ファントムX・009・Timeless【キャメロンマニア宣言】 - みんなのゴルフダイジェスト]

[西日がまぶしくなるこれからの季節こそ必需品!? ゴルファーのサングラス、メリットとデメリットを考えた! - みんなのゴルフダイジェスト]

[タイガー、チャーリー君と親子大会に4年連続出場!「ゴルフ愛を息子と共有できるのは最高の贈り物」(タイガー) - みんなのゴルフダイジェスト]

[「キャロウェイのAIテクノロジーのメリットを実感できている」。ザンダー・シャウフェレにインタビュー、PGAツアーで戦うための「道具へのこだわり」とは? - みんなのゴルフダイジェスト]