三菱ケミカルから7月15日発売された「ヴァンキッシュ」は40グラム台と50グラム台の重量帯に特化した中先調子シャフトのニューモデル。発売前からプロの使用でも話題になったこのシャフトをゴルフステージ成城のクラブナビゲーター・吉田朋広がテストしてみた!

「ヴァンキッシュ」は40グラム台も50グラム台もR2、R 、SR、S、X、TXの6フレックスで展開されています。重量はプラスマイナス1グラム、シャフト振動数はプラスマイナス1cpm以内での精度を管理されているという超精密シャフトです。

まずはシャフト硬さR2、R、SRを打ってみました。なぜかというとどちらの重量帯でもSRを境に性格がガラッと変わるからです。

シャフトのバット側の径が細く、「ヴァンキッシュ」がアスリートゴルファー向けではないのがわかります。ワッグルした感じは中間部から先にかけて動きがあります。打ってみると、振り心地は鋭く、動きのレスポンスもよく先端部はしっかりした感じです。手元側の剛性はそれほど高くなく、スムーズな切り返しが可能ですね。

とくにR2、 R 、SR のフレックスでは軽量シャフトのメリットを生かしてフィニッシュまで振り抜くスウィンガータイプの方に合うでしょう。ボールにしっかりエネルギーを伝えてくれますのでバックスピン量も増え過ぎず、シャフト重量を考えるとボールの弾道は強く、方向性もいいシャフトだと思います。軟らかめのフレックスでも安定したシャフト挙動で、ヘッドスピードをアップさせたい方は積極的に40グラム台を試して欲しいと思います。

続いてSとXを打ってみました。一気にイメージが変わりますね。ひとことで表すと「叩ける走り系シャフト」ですね。SはSRに比べて手元側の剛性も高くなりしっかりと「ハリ」を感じられまが、決して硬すぎない絶妙な仕上がりで中間部から先がほどよく動きます。
40グラム台も50グラム台も振っていると重量の差をあまり感じなかったのですが、40グラム台のほうが自然とヘッドスピードはアップしました。

XはSよりも振動数が20cpm上がりますのでまさに「軽硬シャフト」といった印象ですが、「ヴァンキッシュ」の中でも面白いフレックスだと思います。

Xですので確かに硬いですが切り返しのとき、間が取りやすいので意外と合う方も多いと思います。TXはまったくの別ものと言っていいでしょう。一気に硬いシャフトになります。重量も60グラムを超え、Xよりもシャフト振動数がさらに20cpm上がりますので、同社の「ディアマナ」や「TENSEI」といったプロ・アスリートゴルファー向けシャフトのXを使っている人ならやさしく感じるかもしれませんが、一般ゴルファーには強く硬く感じられ使うメリットはあまりないでしょう。