インパクトで体が起き上がってあたりが薄い、飛距離が出ないと嘆くゴルファーに朗報! 篠崎紀夫をシニア賞金王に導いた小楠和寿トレーナーにインパクトでしっかり押し込めるようになる簡単トレーニングを教えてもらった。

バランスボールを使ったトレーニングで憧れのぶ厚いインパクトが手に入る! 昨シーズン篠崎紀夫をシニア賞金王に導いた小楠トレーナーにアマチュアにも簡単に自宅でできるスウィングに効果的なトレーニングを教えてもらった。

インパクトの瞬間に体が起き上がってしまうのは、ボールを押し込むように体の力を使えていない証拠です、と小楠トレーナー。その際に必要な筋肉は胸や腹筋や背中の大きな筋肉だという。壁にあてたバランスボールを斜め上に押し上げ、つぶすように力を入れることで、それらの筋肉を鍛えることができるという。

「骨盤を立てて上半身の体重を股関節で受け止めるように椅子に座り、バランスボールを胸の前で壁に当てます。息を吐きながら腕だけでなく体幹を使ってしっかりと斜め上に押し込んでください。5秒を3回から5回繰り返します」(小楠トレーナー)

注意する点としては、間違った動きは、ボールに力を加えるときにお辞儀するように押してしまうことと、押した反動で体がボールから離れてしまうこと。こうなると力が逃げてしまったり、鍛えたい体幹への効果が薄れてしまう。

ボールを押し上げるように力を加えるイメージでシャドウスウィングをしてみると、インパクトでボールを押し込む『分厚いインパクト』の感覚をつかめるはずだ。息を吐きながらおこなうことがポイントだと小楠トレーナーは話してくれたが、実際のスウィングでも息を止めずに吐きながらインパクトをすることが大切だ。そうすることで体が止まらずに動きながら大きな力を出力できるため、力みによるミスを防いでくれるという。

バランスボールではなくても、壁や木を押し上げるように5秒間、息を吐きながら力を加える。日々の積み重ねがぶ厚いインパクトを作ってくれるに違いない。

取材協力/J's SPORTS BODY