4.6万人のフォロワーを抱える人気ゴルフインスタグラマーでもある、はるぴょんこと上山晴香さんは、ただのゴルフ女子ではなくハンディキャップ「3」と5下シングルの腕前をもつ。ゴルフ歴4年で5下シングルにまで到達した彼女の上達習慣を毎週ひとつ紹介。

最近はよく「100切りを目指しているときは、どんなことを考えてプレーしていました?」という質問をされることがあります。何か特別なこと、工夫をしていたのかな?と思われることもあるのですが、正直にいうと、この答えは「今と変わりません」になります。

どういうことかというと、100切りを目指していた頃も、5下のシングルになれた今も「自分の武器だけでプレー」しているんです。

100切りを目指していたころは、ボールに当てることも難しかったので基本的に「前に進むこと」だけを意識してプレー。そのうえで、今の実力ではバンカーから脱出が難しいと思うなら、とことんバンカーを避ける道、つまりリスクマネジメントをおもに考えながらプレーしていましたね。

だけど、やっぱり綺麗なスウィングやナイスショットを求め始めると必要以上に知識を自分の中に入れ込みすぎてしまう傾向にもありました。もちろんその結果、自分のスウィングを見失い、コースで大叩きをするわけなので「前に行くことだけ考えよう」と自分に言い聞かせていたのは今でも覚えています(笑)。

今年でゴルフ歴が5年目を迎えましたが、ゴルフを難しくするのは自分で、簡単にできるのも自分だな〜と改めて感じています。というのも、高難度の技術や不得意なことを求め続けていても結果は出にくい。だけど、自分ができる簡単なことを続けていれば、大きな成果にならなくても成功体験を積み重ねることはできるはずです!

これは100切りに限らず、90切り、80切り……もちろん私も当てはまりますが、ゴルフでスコアメイクをするなら今持っている武器だけで戦うことが一番大切だと思いますよ!

たとえば、ウッド系が苦手だというゴルファーは、パー5の2打目で、フェアウェイウッドでなく、アイアンを選び、4オン、5オンでもOK!と考える。そうするだけで、フェアウェイウッドのミスは減りますし、こういったマネジメントが成功したら自分の自信にもつながると思いませんか?

もちろん不得意を得意に変えるために努力するのは大事ですが、これは長期的に改善していき、引き出しを増やしていくしかありません。だからこそ、今、自分が当たり前のようにできること、自分の武器だけを選び、コースマネジメントを考えてみてほしい。それだけでゴルフは簡単になるし、スコアアップのきっかけにもなるかもしれないですよ!

※上山さんはアマチュアのため、ボランティアにて協力いただきました