ゴルフを始めたばかりのビギナーにとって、ゴルフスウィングについての疑問は尽きないはず。アマへのレッスンのみならずコーチ育成にも携わる、COCO GOLF八千代緑が丘店エグゼクティブコーチ・福田慈英に、ボールと体の距離の決め方について教えてもらおう。

正しいアドレスが作れていればボールと体の距離は考えなくて良い

ボールに対して構える際に体の姿勢に加えて気に留めておかなければいけないのが、ボールと体との距離。ビギナーのなかには「ボールまでは何センチくらいが適切なのだろう?」という疑問を抱える人もいるかもしれないが、福田は「正しい姿勢でアドレスできていればボール位置も自然と決まってきますよ」という。

「まず重要なのが、グリップエンドと体の距離です。具体的には両腕を真下へダランと下ろしたときにグリップエンドと体の距離が握り拳+親指1本ぶんになるのがベストですね」(福田、以下同)

グリップエンドと体の距離に注意しながら背筋を伸ばし、お尻を後ろへ突き出すイメージで上体の前傾を深めていくと、腕が地面に対して垂直に下ろされた状態でヘッドが接地するポジションがあるはず。そのポジションがイコールでボールの位置になるわけだ。

「つまり番手に対して適切なアドレスを作れば、自然とボールと体の距離も正しくなるんです。そしてポイントとなってくるのは番手が変わる=クラブの長さが変わっても、グリップエンドと体の距離はつねに一定であること。つまりドライバーであってもアイアンであっても、ゴルファーごとにクラブの長さが細かく変わったとしても、手順は変わらないんです」

しかし、とくにビギナーの場合は「ボールがあると、どうしてもボールに合わせてアドレス位置を変えようとしがちだと」と福田。

「とくに多いのが、置かれたボールに対してまずヘッド合わせてからアドレスを作ってしまう方ですね。ヘッドの位置ありきでアドレスを作ってしまうので、前傾姿勢の度合いや体とグリップエンドの距離がズレてしまいやすいので注意です」

アドレスを作る際は「ボールから一歩引いて立ち、まず正しいアドレスを作ってヘッドが地面に着く位置・体との距離感を決めてから、体ごとボールにアドレスを合わせていくのがオススメですよ」と福田。練習場やラウンドでショットを打つ前に、意識してみてはいかがだろう。

協力/COCO GOLFイオンモール八千代緑が丘店