スコア100切りを目指すゴルファーのなかには「アプローチはサンドウェッジ」「ティーショットはドライバー」といつも同じクラブを選択するゴルファーは多い。しかし、プロキャディー・伊能恵子は「もっとゴルフは自由です」という。詳しく聞いてみよう。

せっかくグリーン周りに運べたものの、アプローチで往復ビンタ。寄らず、入らず、スコアが崩れてしまった経験に心当たりはないでしょうか? 私は仕事柄、さまざまなレベルのゴルファーのプレーを見る機会がありますが、このようにアプローチで苦労している人をよく見かけます。

とくに100切りを目指しているゴルファーに多いですが、アプローチで苦労しているゴルファーに「サンドウェッジ以外も選択肢として入れちゃいましょう」とアドバイスすることがよくあります。「プロが使っているから」「周りの上級者が使っていたから」というような理由からサンドウェッジを選択するゴルファーは少なくありませんが、それが絶対条件ではありません。

たとえば、全英オープンの中継を見ると、フェアウェイウッドでアプローチをする選手もいますよね。アプローチでサンドウェッジ以外を選択してもルール、マナー違反にはなりませんし、ゴルフはもっと自由にクラブを選択することができるんです。

これはアプローチだけでなく、ティーショットやセカンドショットにも言えます。ティーショットだからドライバーを持つ。残り150ヤードだから7番アイアンを持つ。というように固定概念から選択肢を狭めてしまっているのはとてももったいないと私は思いますよ!

とはいえ、アプローチの練習はサンドウェッジのみ。ショットはフルショットのみだと、コースで選択肢を広げることは難しいかもしれません。ですので、まずは練習場でピッチングや9番アイアンでアプローチ練習をしてみるなど、より実践的な練習を取り入れ、コースへ出たときの選択肢を増やす事前準備から始めてみてはいかがでしょうか?

ゴルフは自由で選択肢はたくさんあります。固定概念に縛られず、ゲームを楽しんでプレーすることで上達につながりますよ!