ギアオタクだけでなく「ゴルフフィールズ ユニオンゴルフ店」の店長としてメディアで試打もこなす小倉勇人氏。今回は試打の仕事のなかで個人的に「よかった!」と思ったドライバーを教えてもらった!

クラブフィッターの小倉です。私は、クラブフィッターのほかにクラブ解説のお仕事もやらせて頂いているのですが、その中で自分がよかったと思うドライバーを3つ、完全な独断と偏見ですが、小倉的ベスト3を発表してみたいと思います。こちらも勝手な範囲ですが、2022年モデルと呼ばれるものに絞り、3本を選出してみました。

3位 キャロウェイ ローグ ST MAX ドライバー

打点のミスに強く、低スピンで強い弾道が打てる。シャフトしだいで幅広いゴルファーが使える。といったところが選出ポイントでしょうか。個人的に重心距離が長く深いモデルは、スイングを変えないと上手く打てないケースが多いのですが、この「ローグ ST MAX」はあまり意識しなくても安定した弾道が打てましたね。

2位 コブラ LTDx ドライバー

こちらも大型ヘッドではありますが、かなり重心が浅めに設計されており、見た目に反してヘッドローテーションを受け付けてくれる点が個人的高評価なポイントです。この振り心地ならヘッドをここまで大きくしなくてもいいのに……と感じるほど、見た目と性能のギャップはありますが、シャープに振り抜けるヘッドの挙動は今までの大型ヘッドにはなかったですね。もちろん性能もバッチリで打点のミスに強く、低スピンの強弾道です。ボールの操作性はそこまで高くないですが、性能を理解したうえで使うととても安定したティーショットが期待できそうです。

1位 ヨネックス EZONE GT 425 ドライバー

ヘッド体積425ccで見た目がやや小ぶり! 見た目通りのヘッド挙動に少しだけ曲がりを抑えてくれるほどよい操作性と現代の小ぶりドライバーの理想(個人的な好みとも言います)のような基本設計をもつドライバーです。これらの見た目と性能が一致する気持ちよさに加え、フェース面に施されたターゲットマークのような模様が、芯でインパクトするイメージを自然ともたせてくれます。もちろん最新モデルですから、飛距離性能もバッチリです!

最近のクラブは、ターゲットであるゴルファーをかなり絞り込んで開発されている印象があります。それだけに自分に合ったモデルを探し当てられれば、かなりの改善につながる可能性があります。今年は近年まれに見るドライバーの当たり年だと思います。今のドライバーに少しでも不満があるなら、ぜひ最新モデルの試打の旅に出てみてください〜!