ドライバーはただ飛べばいいわけではなく、方向性が良いことも大切だ。これらを両立するために大切だと奥嶋誠昭コーチが言う、インパクトで詰まらずに体を回すコツを、シングルハンディの腕前を持つイラストレーターの野村タケオが実際に試してみた。

インパクトで詰まると様々なエラーが起きてしまう

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。ドライバーって飛ばしたいですが、飛ぶだけじゃスコアはガタガタになっちゃいます。やはり飛距離も欲しいけど、方向性が大事。どうすればドライバーの方向性って良くなるのでしょうか? しかもできれば飛距離も出して方向性も良くしたい。ゴルファーって欲張りですな。

週刊ゴルフダイジェスト4/23号に「GEARSで方向性UP!大作戦」という記事がありました。この記事にいくつか気になる部分があったので、方向性アップのためにやってみることにしました!

この記事はタレントのユージさんが奥嶋誠昭コーチに入門し、GEARSを使ってスウィングを解析してもらい、曲がらない弾道を目指すというもの。ユージさんといえば、知る人ぞ知る飛ばし屋なのですが、やはり曲がりも大きいということなんです。僕は飛ばし屋どころか飛ばないオヤジなのですが、この記事を読むことで、曲がらないスウィングはもちろん、もしかしたら飛ばしのヒントも得られるんじゃないかと期待しているわけです。

GEARSでユージさんのスウィングを分析してみると、ダウンスウィングで左腰を引こうとして、左ひざや左足首だけでなく、左股関節も伸びて、体が起き上がっているそうなんです。そうなることで体が回転できなくなり、インパクトが詰まってしまうんですね。そうなると体とボールの距離が遠くなってしまいトップしやすくなる。さらにインパクトが詰まることで、手が急激に返ってしまって、振り送れるとプッシュスライスになり、タイミングが早いとチーピンも出ちゃうということらしい。これは飛ばし屋にけっこう多い現象らしいのですが、僕も体が起きてインパクトが詰まってしまうということには悩まされています。そういうアマチュアは多いんじゃないでしょうか。

ユージさんの場合、インパクトが詰まることで左肩がすくんでしまい、インパクトのときには左肩がかなり高くなる「いかり肩インパクト」になってしまっているそうなんです。ユージさんは飛ばすために体の重心を上下させるタテの動きが強すぎるので、これに回転する動きを足すと、持ち前の飛距離に方向性がプラスされるということなんですね。それができると「いかり肩」から「なで肩」のスウィングになるそうなんです。これは僕にも参考になりそう。

「左腰を引く」だけでなく「右腰を押す」意識を持とう

ではどうやって回転する意識を足せばいいのでしょうか? それは右腰。ユージさんは左腰を引く意識を持っているらしいのですが、それだけではなく右腰を押す動きを足してやればいいそうなんです。そうすることで腰が回転するということなんですね。う〜ん、僕は左腰を引く意識も右腰を押す意識もなかったです……。

さっそく「なで肩インパクト」を目指して、右腰を押す動きをやってみました。しかも無謀にもラウンドでいきなり!(笑)。結果として、僕の場合はまず当たりが厚くなって、飛距離が伸びました! いつもよりボールがつかまり強い球が出て半番手くらい飛ぶんですよ。方向性も悪くないのですが、思ったよりつかまるので、少しドローがかかって目標よりちょっと左に行くことが多かった。その原因はまだまだ手で振ってしまっていることと、上体が少し突っ込んでしまっていることだと思います。上体が突っ込んだ上に右腰を押すと、完全にアウトサイドからクラブが入って、しかもフェースがターンしていくので引っかかり気味になるんですね。あと、右腰だけを押していくのではなく、左腰を引く動きと、右腰を押していく動きを一緒にやると自然に方が回転していくということなんです。その2つのポイントを意識して打つと、方向性も良くなって飛ぶ! いかに今まで体の回転を使えてなかったのかってことに気付かされました。

奥嶋コーチによると、もうひとつ上手く回転させるコツは、力まずに体全体でターンすること。フルスウィングしようとすると、どうしても腕や肩の力で振ってしまうので、ミート率が落ちて球が曲がる。なので、アドレスから力感を変えずに、体全体を使って振るのがいいそうです。力まずにスピードが出せるようになったら球は曲がらず飛ぶということです。

1ラウンド「いかり肩」にならないことと、右腰の押し込みを意識しながらラウンドしましたが、アイアンは半番手くらい飛距離が伸びて強い球になりました。ただ、さっきも書いたように少し注意して打たないと引っかかり気味の球が出ました。しかしさすがにドライバーではなかなか難しい。いまいち上手くタイミングが取れなくて、強い球にはなるものの、方向性が悪くなっちゃうんですよね。さすがにぶっつけ本番ではそこまで上手くできないですね。でも、個人的にはかなりいい感触なので、アイアンから練習して、最終的にはドライバーの飛距離アップ&方向性アップを目指したいと思います。

今回は飛ぶ人の方向性アップのための記事を読んで、飛ばない僕が方向性アップだけでなく、飛距離アップのヒントまでもらえたって話でした。ぜひみなさんも一度お試しあれ。特に飛距離不足の人は右腰を押すイメージ、おすすめですよ。

「気になる」が満載!『週刊ゴルフダイジェスト』の記事は「Myゴルフダイジェスト」で!

[Myゴルフダイジェスト]