「MT-28」「MTIウェッジ」など数々の名器を世に送り出し、日米両ツアーで多くのプロ支給品を手がけたクラブ設計家、宮城裕治氏が流行に惑わされないクラブ選びとクラブ設計の真実をクールに解説。今回はユーティリティ用シャフトの選び方について教えてもらった。

みんゴル取材班(以下、み):ドライバーのシャフトは50グラム台が当たり前。アイアンのシャフトが90グラムとか100グラム以上のスチールだとけっこう重量差ができてしまい、間のユーティリティのシャフトをどうするかが悩ましい。アイアンに合わせてスチールにするべきか、ウッドに合わせてカーボンにするべきでしょうか。

宮城:7番ウッドくらいまではドライバーから合わせるのが基本。ユーティリティはウッドとアイアンをつなぐクラブですが、どちらかといえばアイアン寄りなのでアイアンから合わせていったほうがいいでしょう。

み:それならアイアンと同じシャフトを入れればいいですか。

宮城:アイアンと同じ重さのスチールだとほとんどの人はうまく打てないでしょう。一番の問題は長さです。同じロフトでもユーティリティのほうがアイアンより1インチから1インチ半くらい長いので、重さが同じだとかなり振りにくく感じます。アイアンよりも10から20グラムくらい軽くしたいです。

み:軽いシャフトならカーボンのほうが選択肢は多くなります。

宮城:シャフトが軽すぎるとレングスを長くしないとバランスが出ません。かといってあまり長くすると芯に当てるのが難しくなるのである程度重量のあるカーボンがいいでしょう。ちなみにテーラーメイドやキャロウェイのユーティリティは国産よりも長めの設定。同じ外ブラでもピンは短めです。購入する際もそうですし、リシャフトする場合には長さと重さをきちんと合わせる必要があります。

み:スチールにもカーボンにも一長一短あるわけですが、どちらがおすすめですか。

宮城:ユーティリティの使い方によります。ぼくがフィッティングするときには、今入っているシャフトを見て判断します。それでユーティリティをどう使っているのかがほぼわかります。

み:アイアンのようにヘッドを上から入れるか、ウッドのように払って打つかですね。

宮城:シャフトを選ぶ際にもう一つ注意して欲しいのは、3Uや4Uのような長い番手にアイアン用のシャフトを使う場合は、1番や2番アイアン用の長さがあるかどうかです。ユーティリティはアイアンよりもヘッドが軽いので3番アイアン用を流用するとしなり感がなくなってしまいます。もし軽量スチールを使いたい人で、合うシャフトがない場合はハイブリッド用のシャフトをおすすめします。「モーダス³ハイブリッド」や「MCH」などスチールに近い動きをするものもあります。