トラブルから脱出する木越えのショットやフォローの風に乗せるときに打つ高弾道のハイボール。フルショットとは何が違うのか?三刀流プロの小島慶太にトラックマンのデータを見ながら解説してもらった。

トラブルから脱出する木越えのショット、フォローで風に乗せて距離を稼いだり、ピンが手前のときにも有効な高弾道のハイボール。いつもよりも高い弾道のショットが必要なケースはラウンドしていると意外に多い。フルショットとは何が違って、どう打てばいいのだろう?

プロゴルファーでTPIレベル3・タイトリストフィッティングスペシャリスト・トラックマンマスターという3つの肩書きをもつ“三刀流プロ”・小島慶太がトラックマンを使って試打し、データを解読。7番アイアンで打つ高弾道のハイボールショットのメカニズムと打ち方のポイントを教えてもらった。

「手前のピン、硬いグリーン、スピンが期待できないラフからのショット、打ち上げのホールなど使うケースの多い高弾道のハイボールですが、普通のショットとは弾道の高さ、落下角度に違いがあります。インパクト時のロフト角を示すダイナミックロフトが5度(1番手以上)寝ていることが大きいですね」(小島慶太プロ、以下同)

もう一つ注目すべき点は入射角だ。フルショットと比較するとマイナス3.8度の入射角からマイナス2度と少なくなってはいるが、ダウンブローで入っていることが重要だ。打ち方のポイントを教えてもらった。

「まずアドレスでのボールの位置は通常よりもボール1個分くらい左足寄りに置き、手元の位置を少し中に入れて構えます。体重配分も左:右の比較で5.5:4.5から5:5くらいの範囲で左にかけ過ぎないようにします。グリップを短く持つと球が上げにくくなるのでやや長めに握るといいでしょう」(画像A)

「球を上げようとすると体が右に倒れてダフリやすくなってしまいます。球を上げるのはロフト角なので、球が左にあるぶんハンドファーストの度合いが少なくなってロフト角が増えるという意識をもつこと。そのためには、振り抜いていくフィニッシュの位置を高いところに決め、そこへ向けて振り抜くように素振りをしてから打つことをオススメします」(画像B)

コースで高い球を打たなければいけない状況になったときにできるよう、しっかり練習しておこう!