今年のZOZOチャンピオンシップチャンピオン、コリン・モリカワ。使用クラブはすべて契約しているテーラーメイドだが、最新から数年前のモデルまで新旧クラブが織り交ざって入っている。

ドライバーは、2020年モデルのSIM。今シーズン前半はステルス2プラスのロフト9度を使っていたが、シーズン途中からSIMの8度にスイッチ。ネック調整でロフト9.5度、フェースアングルもややクローズにしている。シャフトはここ数年、気に入って使うディアマナD+LTD。

ドライバーのスイッチについて、「ステルス2は明らかに遠くまで飛びますし、飛距離には満足しています。古いSIMは(そこまで飛距離が出なくても)、ミスした時に、打点位置などなぜミスしたのかがわかります。その信頼がありがたいのです」と米国のギアメディアGOLF WRXに語っていた。今シーズンの平均飛距離は296ヤードの135位だったが、フェアウェイキープ率は68%の7位。その信頼感を重視して、今シーズンはSIMドライバーを使っていたようだ。

モリカワといえば、PGAツアー屈指のアイアンの名手。今シーズンもパーオン率71%はツアー5位、グリーンを狙うショットのスコア貢献度(SG)のランクが2位とアイアンのショット力は健在。以前の(ゴルフダイジェストでの)インタビューで、「一番好きなショットがアイアンのカットショット。わずかにフェードしてピンを刺す、このショットが自分の武器だと思っています」と話していた。

そのアイアンは、テーラーメイドの3モデルをコンボして使用。4Iが中空ヘッドのP770、5Iと6Iが小ぶりな軟鉄鍛造のP7MC、7I〜PWが軟鉄鍛造マッスルバックのP730。

どのアイアンにも通じるのが各番手に対するグースの度合いが小さめで、つかまえたり逃がしたり自在に扱いやすいヘッド形状という点。また、テーラーメイドのラインナップの中で、いずれもトップラインが薄めというのも共通だ。コリンはこれらのアイアンとは別に、全英オープン対策で硬い地面からでもターフを削り取りやすくカスタマイズしたP7CM(Morikawaモデル)というパーソナルモデルを持ち、他の試合でも使っていたが、習志野CCでは前述のセットでプレーした。

ウェッジは3本ともミルドグラインド4。コントロールショットがメインの50度がスタンダードバウンス(SB)。開いて使うことが多い56度はローバウンス(LB)。60度はタイガー・ウッズのショートゲームに合わせて削られたデュアル(2面)ソールのTW。

シャフトは3本ともダイナミックゴールドのフレックスS400に対して、アイアンは同シャフトのX100。ウェッジのみ1段階軟らかなフレックスにするのは、タイガー、スコッティ・シェフラー、リッキー・ファウラーなどトップ選手が近年採用しているPGAツアーのトレンドのひとつ。

パターはTPコレクションのブレードタイプ。以前はこのモデルのショートスラントネックを使っていたが、今シーズンは通常のクランクネックタイプを使用。太径のスーパーストロークグリップを挿し、右手を上から添えるクローグリップでパッティング。ZOZOではこのパットが数多く決まったが、ツアートータルのパッティングアベレージは53位の1.742。来シーズンの活躍はグリーン上の出来にかかってきそうだ。

テーラーメイドにすべて統一
1W/SIMドライバー(9.5度)・ディアマナD+LTD(60TX)
3W/SIMフェアウェイウッド(14.75度)・ディアマナD+LTD(80TX)
5W/ステルス2フェアウェイウッド(18度)・ディアマナD+LTD(80TX)
4I/P770アイアン(22.5度)・DG MID115(X100)
5I・6I/P7MCアイアン(26・30度)・DGツアーイシュー(X100)
7I〜PW/P730アイアン・DGツアーイシュー(X100)
AW・SW/ミルドグラインド4・DGツアーイシュー(S400)
LW/ミルドグラインド4 TW・DGツアーイシュー(S400)
PT/TPコレクション ハイドロブラストSOTO・スーパーストローク ゼナジー1.0
BALL/TP5x
※スペックは編集部調べ ※1Wはロフト8度をネック調整により9.5度、3Wは14度を14.75度で使用 ※スペックとスタッツは11月15日時点のもの

※週刊ゴルフダイジェスト2023年11月21日号より(PHOTO/Hiroyuki Okazawa)

[「キャロウェイのAIテクノロジーのメリットを実感できている」。ザンダー・シャウフェレにインタビュー、PGAツアーで戦うための「道具へのこだわり」とは? - みんなのゴルフダイジェスト]

[コスパ抜群のボールはどれだ? 店頭価格4000円以下の飛んで止まるボールを探してプロが試打 - みんなのゴルフダイジェスト]

[シェフラー、ファウラー、ケプカ……世界のトップはアイアンよりもウェッジのほうが“軟らかシャフト”を使っている!? - みんなのゴルフダイジェスト]