テークバックで下半身が流れてしっかりパワーを貯められない。それって股関節にきちんと荷重できていないからかも。稲見萌寧の賞金女王をサポートした小楠和寿トレーナーに普段できるゴルフに役立つ簡単ストレッチを教えてもらった。

テークバックでひざが流れたり、右足の内側が浮いてしまったりするとパワーを貯められず飛距離が出ない、スウィングが安定しないなどさまざまなミスの原因になってしまうと小楠トレーナー。そこでしっかりと股関節に加重する感覚をつかむストレッチを教えてもらった。

「骨盤を起こして椅子に深く座ったら両腕を水平に広げ両足を地面から浮かせます。広げた両腕が水平をキープしたまま上体を右に移動させます。お尻が浮いてくるタイミングで反対の足(左足)のひざを持ち上げるように浮かせます。そこからその形でキープさせます」(小楠トレーナー)[画像A]

呼吸を止めずに、バランスを取って体の内側に荷重を感じられるように意識してみよう。そうすることでテークバックで右の股関節の内側に感じられるようになり、パワーを蓄積したバックスウィングができるというわけだ。

この「リーチ動作」、NGなのは上体を横に移動する際に広げた両腕が水平をキープせずに傾いてしまうことと、骨盤が後傾した状態からスタートしていまうこと。[画像B]
広げた両腕は水平をキープすることと、しっかりと骨盤を起こした姿勢からスタートすることで股関節に荷重されたパワーを蓄積できるテークバックの感覚をつかもう。

必ずしも椅子に深く座って骨盤を起こした姿勢から、この運動をはじめることがポイントだ。片側を浮かせてキープ! 少々キツいが5秒くらいから始めてがんばっててみよう。