23年にメルセデス・ランク10位で終えた桑木志帆。その快進撃を支えた小楠和寿トレーナーにスウィング軸を安定させるクロスモーショントレーニングを教えてもらおう。

スウィング軸を安定させるクロスモーショントレーニング

小楠和寿トレーナーは、スウィングに直結するトレーニングで成果を出している。桑木自身も「トレーニングしてきたことが成績にもつながって、その大切さを感じています」とシーズンを通してトレーニングを続ける重要性を実感している。

ここでは、スウィング軸を安定させるクロスモーショントレーニングを教わった。

「ひざ立ちで腕を胸の前でクロスさせ背筋を伸ばします。この基本姿勢から片足を前に出しながら上体をクロスさせるようにねじります。片側10回、向きを変えて10回を2セットできるように頑張りましょう」(小楠トレーナー、以下同)

右足を前に出すと同時に上体も右にねじることでバックスウィングでの股関節の正しい位置、フォロー側でもひざと股関節の正しい位置を感じ取れるはず。そうすることによってスウィング軸を保てるようになると小楠トレーナー。

背筋を伸ばした基本姿勢から前に足を踏み出しながらしっかりと上体をねじっていこう。タイミングを合わせて繰り返すことで実際のスウィングにも効果が表れるはずだ。

このトレーニングをスウィングに当てはめてみると、テークバックでは右ひざが外側に割れて横方向にズレたり下半身の動きすぎによる不安定なスウィングから、下半身の動きを抑えスウィング軸を安定させる効果が期待できる。

このトレーニングでNGなのは、足を踏み出して上体をねじる際にバランスを崩してしまうこと。最初はゆっくりとしたペースで始め、徐々にスピードを上げ、ねじった位置でピタリと止める。体をねじりながら下半身を安定させる動きはスウィングに直結するトレーニングだ。

このクロスモーショントレーニングとシャドースウィングを繰り返すことで、効率の良い体の動かし方がつかめるはず。早速始めてみよう。