東京オリンピックでは男子ゴルフ競技の熱戦が繰り広げられているが、来週開催される女子ゴルフ競技で活躍するのは一体どの国のどんな選手だろうか? ゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロが注目選手を紹介!

畑岡は堂々の優勝候補として五輪へ

いよいよ始まった東京五輪ゴルフ競技。今回は来週行われる女子ゴルフの注目選手を紹介したい。

まずは日本勢。畑岡奈紗は今年の全米女子オープンで、笹生優花とプレーオフを戦い堂々の2位。その後行われたマラソンクラシックで優勝と好調をキープしている。調子がよく、五輪にかける思いも強いであろう畑岡は、優勝候補筆頭だろう。

今期絶好調の稲見萌寧も有力選手といっていい。国内での戦歴は申し分なく、畑岡同様日本のコースに慣れている点がアドバンテージになる。畑岡も稲見もアマチュア時代には、日本ジュニアの聖地である霞が関CCでしのぎを削ってきた経験もある。日本の酷暑はどの選手にとっても厳しい条件だが、その点でも彼女たちには有利に働くのではないだろうか。

アメリカでは、ネリーとジェシカのコルダ姉妹に、日本でも人気の高いレキシー・トンプソン、そしてダニエル・カンが出場予定だ。目下、世界ランキング一位のネリー・コルダは飛距離も出て、ショットもパットも上手いオールラウンドプレイヤーだ。姉妹揃って、畑岡、稲見の強敵になりそうだ。

韓国からは、2019年、2020年のLPGA賞金女王、コ・ジンヨンが出場。加えて、優勝争いに絡みそうなのは、パク・インビ、キム・ヒョージュの日本ツアーに参戦経験のある2人だ。特に、1グリーンへのコース改造を経て、パッティングが勝負の鍵になりそうな今回の五輪では、パットの名手であるパク・インビは有力な優勝候補だ。

今回はフィリピン代表として出場する笹生優花も優勝候補だ。全米女子オープンで最年少優勝を果たした強さは本物。笹生もまた日本ジュニアで霞が関CCの試合経験がある(※西コース)。このあたりも有利に働くだろう。

日本では屈指の飛ばし屋である笹生優花だが、それを上回りそうな飛ばし屋が五輪に参戦してくる。レキシー・トンプソンの飛ばしっぷりが日本では有名だが、今回はLPGAツアーでドライビングディスタンス1位のオランダ代表、アン・バンダムが出場する。そして、バンダムを上回りそうな迫力のあるメキシコのマリア・ファッシにも注目だ。

コルダ姉妹やメキシコのギャビー・ロペスも相当の飛ばし屋だが、日本でも人気の高いカナダのブルック・ヘンダーソンもドライビングディスタンスが現在6位と豪打を武器にしている。48インチの長尺ドライバーを短く持って、振り回す異色のスタイルが日本でも猛威をふるうだろう。ちなみにヘンダーソンは軽井沢で2014年に行われた世界アマで来日経験がある。

大きな国際試合で、日本選手がこれだけ有利な条件でプレーできる機会はなかなかないだろう。ぜひメダルを期待したいところだ。