テークバックで下半身がゆるんでしまい飛距離不足の原因になっていませんか? 力強くスピードのあるダウンスウィングをするにはテークバックで内転筋が使うことが重要というのは、稲見萌寧の賞金女王獲得をサポートした小楠和寿トレーナー。バランスボールを使った簡単トレーニングを教えてもらった。

テークバックの目的は体幹をねじること。土台となる下半身がゆるんでいては、捻転を作れないし力が抜けてしまいダウンスウィングで手打ちになったり上半身を大きく使ってアウトサイドイン軌道になりかねないと小楠トレーナー。

「テークバックの初期から内転筋がゆるまないようにすることで、どっしりとした土台が作れます。バランスボールを使ったトレーニングでスウィングのスピードや再現性やライの悪い状況からの安定したスウィングに役立ちます」(小楠トレーナー、以下同)

バランスボールの上にひざ立ちし姿勢を整えたら、腕を胸の前でクロスさせ両わきを締める。そこからテークバック方向とフォロー方向に胸を回していこう、太ももの内側(内転筋)に張りを感じるはずだ。呼吸を止めずに10往復から始めてみよう。

「姿勢は、しっかりとバランスボールの上に乗るようにひざ立ちし、両足は地面につけて支えるようにしましょう。腰が引けてしまうのはNGです」

バランスボールを使ったトレーニングでどっしりとした下半身の使い方を身に着けよう。

取材協力/J's sports body