現役女子大生にしてJPLA所属のドラコンプロでもある長谷川円香。飛距離不足に悩むゴルフ記者・S子が最長飛距離380ヤードを記録した彼女に習ったら飛距離は伸びる⁉︎

「ひじ」の力を抜いて動きを止めずに振り切る

こんにちは、ゴルフ記者・S子です。

さて、いきなりですが、みなさんはゴルフの悩みありますか? ゴルファーによって課題は様々ですが、S子の場合は飛距離不足! いつもは平均180ヤード、調子がいいと190ヤード飛ぶこともありますが、200ヤードは飛ばしたいというのが本音です(笑)。

そんなS子ははSNSを通じて飛距離を武器にしているゴルファーのスウィングを見ることが趣味。いつものようにSNSを見ていると、カッコいいスウィングをする女子ゴルファーを発見!

それは最長飛距離380ヤードと日本記録保持者のドラコンプロ・長谷川円香さん。なんと19歳の現役女子大生というのだから驚きです!ドラコンというスポーツに魅了されてからは、練習は飛ばしに特化。シーズン中にストロークプレーをすると競技に影響するからと、ゴルフ場へ向かうのはドラコンの試合がほとんどみたい。

そんな飛ばしのスペシャリストに教えてもらえたらS子の飛距離も伸びるはず!ということで、さっそく飛ばしレッスンをしてもらいました! 果たして距離は伸びるのでしょうか……ドキドキです。

まず、何球か打ってみてくださいという長谷川プロのいう通りに打つと、結果は以下通り。

【1球目】HS:34.0m/s  トータル飛距離:191.5ヤード
【2球目】 HS:33.3m/s  トータル飛距離:184.9ヤード

おっと! 今日は調子がいい日です。そんなS子のスウィングを見た長谷川プロはなんとベタ褒めしてくれました。嬉しすぎます。

「めっちゃ良いスウィングじゃないですか。今見た感じだと体重移動もできているし、体も結構ねじれているので、ほとんど言うことないです」(長谷川、以下同)

う〜ん、前日に長谷川プロのスウィングでイメージトレーニングをしていて良かった(笑)。でも、もうちょっと飛ばしたいんです!

「そうですね。実は飛ばしのためにはリラックスして振ることが大事なんですけど、今のS子さんのスウィングを見ていると、構えた段階で既にリラックスができていません。その原因はひじなんです。両ひじを内側にギュッと絞って構えているので肩や腕に緊張感が出ちゃっています。このひじを外側に開くようにして少しゆるめてみてください。そして、クラブと一緒に腕をブラブラっとしちゃう感じでリラックスして構えましょう」

なるほど〜! 言われた通りに何度か素振りをするとなんとなく感覚が掴めてきましたが、打つと上手くいきません。すると長谷川プロから「一連の流れでスウィングするといいですよ」とアドバイス。

「S子さんの場合はクセだと思いますが、トップで一瞬止まってダウンスウィングに入っています。だけど、それでは力む原因になりますから、トップに上がったら止まるのではなく、腹筋を使ってクラブを戻すイメージで振ってみましょう」

トップで止まらないことを意識すると、スウィング中のヘッドの位置がわかった気がします! ヘッドも走っていますし、期待大と思って打った結果がこちら。

【1球目】HS:34.5m/s トータル飛距離:198.7ヤード
【2球目】HS:35.7m/s  トータル飛距離:202.0ヤード

なんと……憧れの200ヤード越えを達成してしまいました! これはすごい! 200ヤードは本当に出ない!

体の使い方やイメージの違いでここまで飛距離が伸びるとは驚きですよね。これからは安定して200ヤード出せるように頑張ろう! と思ったS子なのでした。